2012年09月28日

言葉の箱

タイトルは、辻 邦生さんの本のパクリ。(←いつもパクリばっか(^_^;)
昔参加した、とある講座で、「自分のお気に入りの本を三冊持ってきなさい」と言われ、持っていったのが、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』、エミリー・ディキンスンの詩集、そして、辻 邦生さんの『言葉の箱』。これが、私の三種の神器。
『言葉の箱』に書かれている辻さんの文にいたく共感し、共感した文章に赤ボールペンで線を引いていったら、真っ赤になってしまいました(^_^;)以来、私のバイブルともいえる一冊。

今回は本についてではなく、私にとっての「言葉」について。
私のなかで、言葉は二種類の言葉がある。
「閉じられた言葉」と「開かれた言葉」。
これを読んで「なんだ、それ?」と思われるかもしれない。
わかりやすく言えば、「読み手の理解を必要としない言葉」と「読み手の理解を必要とする言葉」ということ。
もともとブログを始めたきっかけは、友人から薦められたことと美術展やバレエの忘備録にしようと思ったから。そこまでなら、ただの日記でいいわけで、ブログに公開する理由はない。もう一つの理由が、自分なりの「開かれた言葉」がどう受け止められるかを見てみたいというものだった。
にもかかわらず、沢山の人が読みに来る人気ブログを書く気は毛頭なかった。(←書く気があっても無理だけど(^_^;)
いかにして人の興味をそそるか、いかにしてアクセス数を増やすか、「ブログを始めるにあたって」のような本などには、そういうことが書いてある。
そういうことは、私にとって意味をなさない。
「開かれた言葉」といいながら、かなり突き放したものいいの文だという自覚はある。
それは、万人受けするものを書こうという気がないから。
もし、一人でも二人でも、私の書いたものからなにがしかを感じて「また読んでみようか」と思ってくれたら、それが私のブログを書く意味なのだと思う。
沢山の人が読みに来るブログではなく、ごく少数の興味を持った人が継続的に読みにきてくれるブログ。それが、私の書きたいブログなのだと思う。
今回、長くブログを休業し、今もなかなかアップする時間がない。
にもかかわらず、継続的に読みに来てくださる読者がまだいるということは有難いし、嬉しい。
100人のアクセスより1人の継続的読者。そのほうが私にとってはずっと価値がある。

言葉は誰一人として同じ文章は書けない。
似たような文はあっても、全く同じ文章を書くことはできない。
一人ひとり皆違う。
その中で、私の言葉に興味を持ってくれる人がいたら嬉しい。
ミヒャエル・エンデは言った。
「ヨーロッパの文学は全て、アルファベット26文字の組み合わせでできている」
私にとって、目から鱗の言葉だった。
確かに、アルファベットは26文字で、欧米の人々はその組み合わせで文章を作っている。
たった26文字の組み合わせで、どれほどの作品が生まれただろう。
シェイクスピアもゲーテもダンテも、基本26文字を使って物語を創造した。
そのどれ一つとして全く同じ文はない。
これからも同じ作品は出てこないだろう。
それは、アルファベット26文字に無限の可能性が秘められているということを意味する。
日本語に置き換えれば、日本の文学は全て、仮名50音の組み合わせてできているということだ。
万葉集も今昔物語も、『吾輩は猫である』も、それこそ『1Q84』もだ。
驚くべき可能性だと思う。
この限られた文字の中から、どんな世界を創造していくか。
自分の言葉の箱の中から、どんな文を生み出していくのか。
それは書き手に委ねられている。
だからこそ、言葉に対して無責任になりたくないと思う。

 昔受けた編入試験の小論文の課題が「あなたにとって言葉とはなんですか」というものだった。
そのときは、なんと抽象的な問題だろうと思ったけれど、後々、私にとってその問いが、単なる編入試験の問いではなく、自分の人生に課せられた問いなのではないかと思うようになった。
自分にとって言葉とはなにか。
一生をかけてその答えを探していきたい。





posted by ひつじ at 01:22| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

平静と憔悴のあいだ

タイトルはフィレンツェを舞台にした某小説(映画)のパクリ(^_^;)
身内が入院し、なにかと慌ただしいこの頃。
やらなければならないことが山積。
色々考えさせられる。
生きていれば苦しいこともある。
多かれ少なかれ。誰にでも。
でも、私は辛さがあまり顔にでないらしく、とても辛い時期に「元気そう」とか「幸せそう」とか言われることがある。
そういう言葉を相手に平気で言える人ほど「お幸せ」な人だと思う。
昔入院したときも、入院するまで、職場の人は私が具合が悪いことにほとんど気づかなかった。
病状の悪さに医長が慌てて飛んできて即入院となったときも、職場に連絡すると「そんなに具合が
悪かったなんてわからなかった」と言われた。
具合が悪くても具合が悪く見えないというのは本人には辛い。
まぁ、具合の悪さを表に出さない、出せない自分にも問題はあるけれど。
具合の悪さを表に出せる人は、周りが心配し気にしてくれる。
気遣って早く帰るよう言ってくれる。
私の場合、顔色すら変わらない。
仕事場では気を張っているから仕事も普通にこなせてしまう。
家に帰って倒れこむような状態でも。
なんでこんなタチなんだろうとも思う。
もうあまりにも長いこと、そう、子供の頃から、平気な顔をして生きてきてしまったから
どうしたら「辛い」「苦しい」ということを表に出せるのかわからなくなってしまった。
まぁ、それが私のタチなんだろうなと思う。
それに、本当に倒れるほど辛ければきっと顔にも出るだろう。
まだ大丈夫ということだ。
ブログでも、楽しげな話題しか書かないようにしてきた。
でも、こんな独り言も書いていくかもしれない。








posted by ひつじ at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

バレエ末席物語〜第13回世界バレエフェスティバル【ガラ・プログラム】 〜

第13回世界バレエフェスティバル【ガラ・プログラム】
2012年8月16日

13balletfestival (800x600).jpg本当は金欠のため、ガラを諦めるともりでしたが、友人の尽力により観ることができました。ラッキーなことに抽選も末席が当たり、これはもう神様が行くよう導いているのだと確信。(←勝手な思い込み(^_^;)
バレエ・フェス初参加は、1991年の第6回。当時は、ジョルジュ・ドンがまだ健在でした。今思えば貴重〜。
フェスには参加していたけれど、フェス・ガラはなんと9年ぶり。
3年前は金欠のためと末席抽選ハズレのため諦め。
6年前は、チケット完売で、当日キャンセル・チケットを求めて朝早くから文化会館で並びましたが、結局チケットを手に入れることができず、ロビーから柵ごしに見えるテレビ画面をオペラグラスで覗くという悲しすぎる観劇。
そんな9年ぶりのフェス・ガラにテンション上がりまくり〜♪


続き
posted by ひつじ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

バレエ末席物語〜第13回世界バレエフェスティバル【プログラムA】 〜

ballet festival.jpg第13回世界バレエフェスティバル【プログラムA】
2012年8月5日

シュツットガルトの「じゃじゃ馬ならし」もニーナの「白鳥」もブログに載せないまま、バレエフェスに突入。

会場に入る前、楽屋口で誰かが囲まれてサインをしている様子。行ってみると、メルクリエフでした。開演前なのにファン・サービス良いメルクリエフ、良い人です(*^_^*)

感想は、ざっくりと。
続き
posted by ひつじ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

Il cielo cade

久々のブログアップです。
タイトルの"Il cielo cade"とは、イタリアの小説のパクリ。
イタリア語で「空が落ちる」という意味。
小説でどんな意味を込めているのかわかりませんが、個人的に
ここ数か月の間に色々なことが起こり、「空が落ちる」ならぬ
青天の霹靂のような出来事もありました。
人の命の儚さ、そして、今日このときを生きていることの有難さ
を感じます。
身内の治療のため、以前のように自分のやりたいことをやってばかりは
いられなくなりそうで、ブログを中止することも考えました。
でも、とりあえず細々と続けていくと思います。
美術展やバレエ公演も以前ほどは行けないと思うので、ブログ記事は
ただのひとりごとになるかもしれません。


個人的にも色々ありますが、日本の未来もどうなることやら。

http://coalitionagainstnukes.jp/

それでも、1+1が100になることもあると信じていきたい。
posted by ひつじ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ブログ休業のお知らせ

久々のアップにもかかわらず、もうしばらくブログをお休みします。
アクセスして下さっている方々、ありがとうございます。
またブログ再開したときに再会できますことを願いつつ。(一応、掛け言葉(^_^;)

posted by ひつじ at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

バレエ末席物語〜「こうもり」エシナ&クルラーエフ&ルグリ〜

「こうもり」
ウィーン国立バレエ団/2012年4月30日

ベラ・・・オルガ・エシナ
ヨハン・・・キリル・クルラーエフ
ウルリック・・・マニュエル・ルグリ
他 ウィーン国立バレエ団

2006年に新国で観た「こうもり」を6年ぶりに観ました。(もう6年も経つなんて。光陰矢のごとし)
前回はフェリ&テューズリーで観ました。あぁ、懐かしのフェリ。フェリのクルクル変わる表情、コケティッシュな魅力のベラが忘れられません。

○プロローグ
黒いロングドレスを身に纏ったベラが台の上で、扇子で仰ぐ中、ベラの周りの男性たちがベラのドレスの長い裾を持って舞台を周回。「夜の女王」という感じ。
ちなみにベラが被っていた帽子に三日月の飾りがついていたのですが、これって新国のときもあったっけ?自分のブログを見返してみたけど、そのシーンの記録がなかった。
大きな帽子に大きな三日月って、日本人なら連想することは同じかも。
>伊達正宗の兜(^_^;)


続き
posted by ひつじ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

美術館紀行〜レオナルド・ダ・ヴィンチ・美の理想展〜

「レオナルド・ダ・ヴィンチ〜美の理想〜」
2012年3月31日〜6月10日/Bunkamuraザ・ミュージアム

本当は開催日初日に行って先着100名プレゼントのバリッラのパスタをもらうはずだったのに、体調を崩して初日に行けませんでした(T_T)バリッラのパスタ〜(>_<)


続き
posted by ひつじ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

江戸はえ〜ど〜(江戸散策記録)〜護国寺・雑司ヶ谷・目白〜

久々に友人と下町散策をしてきました。
今回は、護国寺駅からスタート。

○護国寺
五代将軍徳川綱吉の母、桂昌院により建立された300年以上の歴史を持つお寺。

furou gate.JPG不老門。門からして立派。立派なもんだ(くだらないオヤジギャグ(^_^;)


gokokuji.JPG本堂では、象牙協会の法要が行われていました。中を覗きたかったけれど残念。
象牙協会なんてあるのね〜。


続き
posted by ひつじ at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

花見in京都

今年は3月末から体調を崩し、実は一週間ほど寝込んでいました。
寝込んでいる間に日本はすっかり春になり、TVのニュースで千鳥ヶ淵の桜が満開になっていたのを見たときはビックリ。蕾の時期も知らなかったのに。
あやうく花見をせずに今年の春が終わるところでしたが、体調を崩す前に申し込んでおいた京都御所一般公開のバス旅になんとか間に合って参加してきました。
前々から京都御所の一般公開を見に行きたいと思っていましたが、いつも仕事と重なって行く機会がありませんでした。今年はようやく念願叶いました。

続き
posted by ひつじ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

原発事故関連ニュース

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/554939/
posted by ひつじ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

ひつじの好物〜コロンバ〜

だるまさんがころんば!
じゃなかった、それは「ころんだ」(^_^;)

私が言いたかったのは、イースターにイタリアで食べられるお菓子「コロンバ」のこと。
2年前、友人宅で出してもらって以来、大好物に。
でも、日本では売られていないようで輸入食品店でも見かけません。
クリスマス時期のお菓子パネットーネは日本でも売られるようになったのに。
ま、イースターを祝う風習が日本に根付いていないからなのでしょう。
イタリアの友人に"Mi piace molto la Colomba!"(私、コロンバ大〜好き)と
猫なで声でおべっかをつかって、ここ2年送ってもらっています。
届いたら"Molto gentile!"(本当にありがとう!)というのを忘れずに。
コロンバとはイタリア語で「鳩」を意味し、お菓子も鳩の形をしています。
なぜ鳩かといえば、諸説あるようですが、まぁ、鳩は"holy spirit"(聖霊)の象徴であるし、キリストの復活を祝うイースターに鳩というのは理に適っているのでしょうね。

コロンバは、オレンジピールやアーモンドなどが入っているパン生地の軽〜いお菓子。
イースター版パネットーネみたい。
上に降りかけられた砂糖の塊のカリカリした食感もグー。


colomba1.jpg
←鳩の形と言われれば、そう見えなくもないけどビミョ〜?!
コロンバの入っていた缶も可愛い(^^)


colomba2.jpg
←ティータイムに、我が家で毎年春一番に咲くレンテンローズとプリムローズ、キャンディタフトの花を飾って。




posted by ひつじ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

バレエ末席物語〜「アンナ・カレーニナ」ズミエヴェッツ&ガヴィシェフ〜

「アンナ・カレーニナ」
2012年3月18日

アンナ・・・ニーナ・ズミエヴェッツ
カレーニン・・・オレグ・マルコフ
ヴロンスキー・・・オレグ・ガヴィシェフ
キティ・・・堀口 純
セリョージャ・・・泉 雅文
ほか 新国立劇場バレエ団

今年は、新国とマリインスキーの両方で「アンナ・カレーニナ」を上演するカレーニナ・イヤーです。まずは、エイフマン振り付けの「アンナ・カレーニナ」を観に、久々に新国に足を運びました。
トルストイの原作を読んだこともないし、ストーリーも大雑把にしか知らず、ラストの衝撃的結末以外は「単に人妻の不倫の話でしょ」と大した期待もなく、とりあえず見ておこうくらいの気持ちでした。
一応、行く前に新国のサイトとネットで少々検索。
原作のほうは、アンナの家庭とは対照的な家庭を築くリョーヴィンという登場人物が登場したり、バレエとは細かく違うようです。
1幕でヴロンスキーと踊っていたキティという女性、バレエの中ではその存在がよくわかりませんが、原作ではヴロンスキーに恋し結婚を夢見ている、アンナの兄嫁の妹(ややこしい関係(^_^;)だとか。結局、ヴロンスキーにフラれて、純朴な地主リョーヴィンと結婚して幸せな家庭を築くのだそう。

○1幕
冒頭の曲(チャイコフスキー「弦楽セレナード」)が、日本人には某CMのせいで、どうしても「オー人事、オー人事」と言いたくなってしまうのですよね(^_^;)CMにクラシックを使わないでくれ〜。「レ・シル」の曲はO田胃酸を連想するし。


続き
posted by ひつじ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

美術展紀行〜「フェルメールからのラブレター展」〜

「フェルメールからのラブレター展」
2011年12月23日〜2012年3月14日/Bunkamuraザ・ミュージアム

開催期間はとうに終了してしまいましたが、ぎりぎりで行ってきました。
まぁ、さしたる期待もなく(^_^;)


続き
posted by ひつじ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

バレエ末席物語〜アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト・Bプロ〜

「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」Bプロ
2012年2月23日

アップが非常に遅くなりましたが、コジョカル・ガラの感想を。
次なるバレエ公演が迫っている〜(汗)


続き
posted by ひつじ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

3.11の教訓・非常袋の中身Ver.2

3.11から明日で1年がたとうとしています。あの大地震は過去のものではなく、今後も起こりうる出来事、まだ終わっていない出来事なのです。予想される「首都圏直下型大地震」あるいは「東南海大地震」に備えて今一度、防災用品のリストを載せることにしました。
「最低3日分の水と食料の備蓄を」と言われていますが、首都圏が大地震に見舞われた場合、政府の救援が機能しないことも考えられます。自治体の備蓄さえ、各地から救援物資が届くまで、全住民の命を保証してくれるほど蓄えられているとは思えません。
救援物資が届くのに、何週間、あるいは何か月単位かかる可能性もあるわけです。
水や食料は、「最低3日分」では足りないでしょう。「最低1週間」、できるなら「1~3か月分」備蓄することをおススメします。
国や自治体を当てにしていてはダメです。
「自分の命は自分で守る」心構えでいなくては、来るべき大震災を乗り切ることはできないでしょう。

続き
posted by ひつじ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

小さなエピソード

去年12月初めのこと。家人が家へ帰る途中、家の近くの茂みでカサコソという音を聞いた。初めは野良猫だろうと思ったそうだ。だが、30cmほどの低い石段を登れずにいる後ろ姿に、猫にしては不器用すぎると思って見ていると、やっと登って振り返った顔は子供の狸だった。東京の片田舎にまだ狸が棲んでいるなんて。

近所の人の話によると、去年の夏、その子狸の母親が畑で死んでいたのが見つかったそうだ。病死らしい。
それ以来、子狸はたった一匹で必死に生きてきたのだろう。家人によると、痩せて毛並みが悪く、猫よりも小さかったそうだ。母親に餌の探し方もまだ十分に教わっていなかったのかもしれない。十分に成長できるほど餌を食べていないのかもしれない。
餌に困った子狸が畑を荒らして農家の人に捕まって殺されてしまっては可哀相だ。
畑を荒らさないためにも、子狸の命を助けるためにも、私たちは餌を置くことにした。

続き
posted by ひつじ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

バレエ末席物語〜「ライモンダ」アレクサンドロワ&スクヴォルツォフ〜

「ライモンダ」
2012年2月7日
ライモンダ・・・マリーヤ・アレクサンドロワ
ジャン・ド・ブリエンヌ・・・ルスラン・スクヴォルツォフ
アブデラフマン・・・ミハイル・ロブーヒン
他 ボリショイ・バレエ団

アップが遅くなりましたが、ボリ「ライモンダ」の感想を。
ボリ「ライモンダ」を観るのは、これまたなんと20年以上ぶり。
確か1988年頃だったと思います。
ボリショイの舞台を初めて観たのがそのとき。
当時の日本のバレエ団の衣装や舞台装置に比べて、ボリショイの舞台はなんと芸術的なこと。洗練された優雅さにすっかり心奪われました。
グリゴロ版「ライモンダ」は1984年に初演されているので、私が観たのは比較的初期の頃。衣装は2003年に一新したそうで、当時のものではありません。昔の朧な記憶からしてもライモンダやコール・ドの衣装は違う気が。アブデラフマンの衣装のイメージはあんな感じだけど。
「ライモンダ」のストーリー自体は大して面白味のあるストーリーではないけれど、初めてボリショイの舞台に虜になった記念の作品。
今更知ったけれど、ジャン・ド・ブリエンヌは13世紀十字軍遠征を指揮した実在の騎士なのだとか。へ〜、ただのお伽噺かと思ってた。


続き
posted by ひつじ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

バレエ末席物語〜「スパルタクス」ワシーリエフ&ルンキナ〜

「スパルタクス」
2012年2月2日

スパルタクス・・・イワン・ワシーリエフ
クラッスス・・・アレクサンドル・ヴォルチコフ
フリーギア・・・スヴェトラーナ・ルンキナ
エギナ・・・マリーヤ・アラシュ
他 ボリショイ・バレエ団

2002年の「スパルタクス」公演を見損ねたので、JAのアンケートに「スパルタクス」再演希望と書いたら、願いが叶いました。

スパルタクスは、BC1C頃の古代ローマにおける反乱軍の指導者。
一応観る前に、ローマの友人にスパルタクスのバレエのストーリーを書いて、本当かどうか確認してみました。それによると、愛憎物語の真偽はわからないけれど、スパルタクス率いえる反乱軍は何度か戦いに勝った後、最後はローマ軍に敗北したとのこと。ローマ人に確認したので確かかしらん。

「スパルタクス」を観るのは、なんと20年ぶりくらい。
誰が踊ったのか何も覚えていませんが、それまで女性メインの「綺麗な」クラシック・バレエしか知らなかった私に、これほど男性メインのマッチョ系バレエがあるのかと衝撃的でした。特に男性群舞の迫力は圧巻!会場を後にしても、しばらく友人と興奮して語り合ったものでした。
当時の記録も捨ててしまったし記憶も定かではないのですが、おそらく1991年頃だったと思います。初演ダンサー、ウラジーミル・ワシーリエフである可能性は低いので、ムハメドフあたりだったのかな〜。

続き
posted by ひつじ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

PC get!

ようやく新しいPCを購入しました。
あぁ、懐がぐるじい。
一か月ほどブログを休んでいたので、アクセス件数激減だろうと
思っていたら、アップしているときとあまり変わらなかった(^_^;)
それってアップする意味ないってこと?!
まぁ、アクセスしてくれる人がいるのは有難いこと。
またボチボチ書いていきますので、よろしく〜〜〜




posted by ひつじ at 16:34| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする