2013年12月23日

クリスマス豆絵

DSCN6835 (390x640).jpg今年も早、残すところあと一週間ほど。あっという間にクリスマスを迎えます。
今年はいつも以上に簡素なクリスマス。飾りつけも、去年買ったプレゼピオと今年京都で買った三連衝立を飾っただけ(^_^;)
今年、京都に格安フリープランで行ったのですが、泊まったホテルのすぐそばに教会があり、教会脇にサン・パウロという聖品販売所がありました。
中へ入ると、マリア像や磔刑のイエス像の置かれた棚の下に、小さな宗教画のカードがズラリ。そのミニ宗教画は私に子供の頃を思い出させ、思わず興奮してカードを選びまくりました。
子供の頃、近所の教会に通っていたことがあり、日曜学校へ行くたびに、イタリア製の小さな絵のカードをもらえるのでした。西洋絵画の本物を見たことのない子供にとって、それは初めて触れる西洋絵画でした。子供の手にちょうどいい小さな宗教画。その小さなカードが欲しくて、日曜学校に通っていたようなもの(←物欲の塊(^_^;)
ピアノの稽古に行くたびに、バイエルに貼る、好きなシールを選べるのと同じ感覚。
モノで釣るのは良くないと思うけれど、結局、私のような俗物はモノに釣られるタチなんでしょう(^_^;)嗚呼、神様、物欲を解脱した清い心をお与えください。(←修業しろ)
聖書の話を絵にしたカードは、目で見る聖書。祖母からもらったボロボロの聖書には、今でも沢山のミニカードが挟まっています。

続き
posted by ひつじ at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

美術展紀行〜ターナー展〜

ターナー展
2013年10月8日〜12月18日/東京都美術館

久々のブログ・アップです。
実は11末から体調を崩し、大分前に行ったターナー展の記事がアップできませんでした。
年末になると一年の疲れが出るのか、毎年のように体調を崩します。
今回は特に原因不明で苦しみました(^_^;)
まぁ、たぶん疲れによるものでしょう。
年々、体が弱くなるなぁ〜、と散りゆく銀杏の葉を眺めながらしみじみ。
感傷はさておき。今回も図録を買っていないので、画像はあまり載せられません。




続き
posted by ひつじ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

ダーウェントの思い出


知り合いがステッドラーの鉛筆セットを買ったと言ったので、私も鉛筆セットを買おうと思い、渋谷のウエマツで「鉛筆セットを買いたいのですが」と店員さんに尋ねた。
店員さんが案内したところには、ステッドラーのものとダーウェントのものの2種類があった。
ダーウェント!
思わず声に出してしまった。
ダーウェントと言えば、懐かしい思い出がある。
店員さんに、製品の違いを訊ねると「ステッドラーは硬い感じ。ダーウェントはもう少し柔らかい感じ」との答えだった。
ドイツ製のステッドラーは、いかにも硬い感じがする。それがそのまま書き心地にも出るのだろう。
イギリス製のダーウェントは、あの景色から生み出されたのであれば、柔らさがあるのもうなづける。
日本では、ステッドラーのほうが有名だが、私はあえてダーウェントの鉛筆を選んだ。

DSCN6544 (640x480).jpg←ダーウェントの鉛筆セット


続き
posted by ひつじ at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

バレエ末席物語〜「ジゼル」上野&ホールバーグ〜

「ジゼル」
2013年10月12日

ジゼル・・・上野 水香
アルブレヒト・・・デヴィッド・ホールバーグ
ヒラリオン・・・柄本 弾

バチルド姫・・・奈良 春夏
公爵・・・木村 和夫
ウィルフリード・・・森川 茉央
ジゼルの母・・・橘 静子
ミルタ・・・高木 綾
ドゥ・ウィリ・・・乾 友子、吉川 留衣

他 東京バレエ団

デビ君のアルブレヒト・デビューを見に行ってきました。
(東バ、デビ君を招聘するのが遅すぎ)
ABTのコール・ド時代から期待をかけていたデビ君も、トントン拍子でプリンシパルに昇進。今では、アメリカ人初のボリショイ・プリンシパルにまで成長。
私の目は間違っていなかったと、息子の成長を喜ぶ親の心境です(^_^;)
それにしても、東バのジゼルはすごく久しぶり。懐かしい(^^)
実は、水香ちゃんジゼルを観るのも、なんと2008年の初ジゼル以来。


続き
posted by ひつじ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

美術展紀行〜竹内栖鳳展〜

「竹内栖鳳展」
2013年9月3日〜10月14日/東京国立近代美術館

会期が終わる直前に急いで行ってきました。
二年ほど前も、竹内栖鳳展をやっていましたが見に行けず、今回こそはと思い。
今回は、図録を買わなかったし、ポストカードもほとんどなかったので、画像はほとんど載せられません。
行っていない人は、文章から想像してください(^_^;)


続き
posted by ひつじ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

美術展紀行〜「トスカーナと近代絵画展」〜

「トスカーナと近代絵画」展
2013年9月7日〜11月10日/損保ジャパン東郷青児美術館

上野で人気のミケランジェロ展に隠れて、マイナーなイタリア美術の展覧会に行ってきました。
マイナーなので開催していることすら知らなかったのですが、たまたまこの美術展のチラシを見つけて「おぉ〜」と思い、行くことに。
しかも、お客様感謝デー無料観覧日という、貧乏人にはとても有難い日を設けてくれたので、その日に行ってきました。
入場料が無料だったので、奮発して図録を買いました。画像はそこから。
この美術展のイタリア語のタイトルは”Arte italiana di Otto e Novecento da Palazzo Pitti a Firenze”(フィレンツェのピッティ宮殿より1800年代と1900年代のイタリア美術)となっています。そうです、ピッティ宮の近代美術館から作品が来日するのです。

ピッティ宮殿と言えば、誰しも訪れるのがパラティーナ美術館。
ラファエロを始め、リッピ、ファン・ダイク、ティツィアーノ、ヴェロネーゼ、ティントレット、デル・サルト、カラヴァッジョ、ジェンティレスキなど巨匠の名画が綺羅星の如く陳列された宝箱。
みんな、そこで「おぉ〜」と圧倒されて、圧倒されたまま満足げに美術館を後にする。
たまに、余裕のある人は、「え?上の階にも美術館があるの?」と足を運びますが、少なくとも、私が聞いた限り、「近代美術館・・・行ったけど、ほとんど覚えていないなぁ。とにかく、パラティーナ美術館の作品に圧倒されて」という答えが殆ど。
イタリア美術専門の人に話しても、「ラファエロだのダ・ヴィンチだの前任者たちが偉大すぎるから、そっちは地味というか印象に残らないというか・・・」という返答。

もともとマイノリティー派の私だから興味を惹かれるのか?とも思いますが、ルネサンスでもなく現代アートでもない、イタリア近代の美術にも珠玉の作品はある。
イタリア近代美術で大きな役割を果たしたのが、マッキアイオーリと呼ばれるグループ。
2010年に東京都庭園美術館がマッキアイオーリ展を開催しました。
(マッキアイオーリについては、そのときのblogをご参照ください。)
そのときから気になっていたので、ピッティを訪れたときは、パラティーナの作品群に圧倒されつつも、忘れず近代美術館にも足をのばしました。
パラティーナとはうってかわった人けの少なさにホッとし、圧倒されるような名画の数々ではなく、トスカーナの自然や庶民の生活を描いた作品に、詰め込み過ぎた荷を下ろして一休みする心地でした。

前フリが長くなりすぎましたが、美術展の感想へ。
今回は、美術展の分類通りに。

続き
posted by ひつじ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

バレエ末席物語〜「ロミオとジュリエット」コジョカル&フォーゲル〜

「ロミオとジュリエット」
2013年9月22日

ロミオ・・・フリーデマン・フォーゲル
ジュリエット・・・アリーナ・コジョカル
マキューシオ・・・アントニーノ・ステラ
ティボルト・・・ミック・ゼーニ
ベンヴォーリオ・・・マルコ・アゴスティーノ
パリス・・・リッカルド・マッシミ
他 ミラノ・スカラ座バレエ団

アップが遅くなりましたが、先週、ミラノ・スカラ座公演を観てきました。
英国ロイヤル公演で降板したコジョカル。今回も降板覚悟でしたが、出演してくれました♪
フォーゲル君ロミオも楽しみでした。


続き
posted by ひつじ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

ひとりごと

最近、ブログアップの機会が減った。
個人的にも社会的にも色々なことがあり、なんとなくブログを書くだけの気力がわかない。
たかがブログ。
テキトーに思ったことを日々綴ったって悪くはない。
でも、私にとっては、されどブログ。
私なりに言葉に対して無責任になりたくないので、それなりに考えて練って文章を書いているつもり。
だから、書けないときは書かない。
かなり昔の過去ログを読みにきて、コメントを残してくれる人がいると、つくづくいい加減に書かないで良かったと思う。
書いたものは残る。自分がいなくなっても残るかもしれない。

本当は、新しいコーナーのための下調べをしたりしていたのだけれど、その時点で頓挫。
自分の言葉でまとめていくにはそれなりの気力と体力が必要になる。
ここのところ、それだけの気力が失せている。
ブログを書くにも気力が要るのだ。
他にもやらなければならないことが色々ある。
それらに集中する気力で手一杯。
書きたいものはあるけれど、しばらくはブログ記事をまとめるだけの気力を充電する時間が必要かもしれない。
と、結局、あまり意味のないブログを書いてしまった(^_^;)

posted by ひつじ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

今考えること

今日は、防災の日。関東大震災が起きて90年。東日本大震災から二年半。
もう二年半なのか、たった二年半なのか。
先月からニュースで取り上げられているが、福島第一原発の敷地内のタンクから100ミリシーベルト/1hの高濃度汚染水が毎日300トン流出しているという。
原発沿岸の海だけでなく、海流とは世界中をめぐっているもの。
決して福島海域だけの問題ではない。
毎日300トン。
つまり今日2013年9月1日時点までに271,200トンの汚染水が海に流れ出しているということ。


続き
posted by ひつじ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

バレエ末席物語〜ディアナ・ヴィシニョーワ―華麗なる世界・Aプロ〜

≪ディアナ・ヴィシニョーワ―華麗なる世界≫Aプロ

久々の生公演は、猛暑の五反田。以前、山手線を乗り間違えて、上野(文化会館)方面へ乗ってしまい、大慌てしたことがあるので、今回は間違えないよう、きちんとホームを確認して電車に乗りました。
これで安心と思っていたら、なんだか様子がおかしい。
な、なんと総武線に乗っていたのです。ガ〜ン。
泣く泣く秋葉原から乗り換え、五反田からゆうぽうとまでダッシュしました。
この暑さの中・・・(-.-)
開演には間に合ったのですが、そんな状況だったので、気分がバレエ・モードにならないまま、見始めることに。


続き
posted by ひつじ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

暑中見舞い&英語ジョーク2013

3年前も書きましたが、また夏の暑さをくだらないジョークで吹き飛ばしましょう。
今回は、お国ネタ。

●天国と地獄の違いは?
What is the difference between heaven and hell?

【Version 1】
In heaven, you are met at the gate by the British, the French cook your meals, the Germans make your arrangements and you get to party with the Italians.

天国では、イギリス人が門であなたを迎え、フランス人があなたの食事を調理し、ドイツ人がスケジュールを調整し、あなたはイタリア人のパーティに出席する。

In hell, you are met at the gate by the French, the British cook your meals, the Italians make your arrangements, and you have to party with the Germans.

地獄では、フランス人が門であなたを迎え、イギリス人があなたの食事を調理し、イタリア人がスケジュールを調整し、あなたはドイツ人のパーティに出席する。

【Version 2】
In heaven, the British are the police, the French are the cooks, the Germans are the mechanics, the Italians are the lovers, and the Swiss organize everything.

天国では、イギリス人が警官、フランス人が料理人、ドイツ人が機械工、イタリア人が恋人、そしてスイス人がすべてを取り仕切る。

In hell, the Germans are the police, the British are the cooks, the French are the mechanics, the Swiss are the lovers, and the Italians organize everything.

地獄では、ドイツ人が警官、イギリス人が料理人、フランス人が機械工、スイス人が恋人、そしてイタリア人がすべてを取り仕切る。


さて、笑っていただけましたか?


続き
posted by ひつじ at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

バレエ末席物語〜「白鳥の湖」ラム&マックレー〜

「白鳥の湖」
2013年7月12日

オデット/オディール・・・サラ・ラム
ジークフリート・・・スティーヴン・マックレー
女王・・・ジェネシア・ロサート
ロットバルト・・・ギャリー・エイヴィス
ほか 英国バレエ団

アップが遅くなりましたが、ロイヤル公演を観てきました。
「アリス」はあまり興味をひかれなかったので、白鳥のみ。
この日は、コジョカル&コボーペアの予定でした。
コジョカル見たさにチケットを取ったのですが、コジョカルとコボーが怪我のため降板。
代役にマルケスとマックレーのはずでしたが、マルケスも怪我で降板。
サラ・ラムが代役になりました。
2008年のロイヤル公演でも、コジョカルが怪我で降板。代役はマルケスでした。
コジョカルの悲劇再び(T_T)
よほどコジョカル運がないんだなぁ。
ミラノ公演まで降板したら、コジョカル公演のチケットはもう怖くて取れないかも。


続き
posted by ひつじ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

水槽の夢

私は独り
誰もいない水族館で
ガラスの水槽を眺めている
人々が泳ぐ水槽を―

若い恋人達が
海藻の葉陰で愛を語らい
赤ん坊を抱いた母親が
スイスイ泳ぐ
やがて子供は
母親に手をひかれ
泳ぎを覚え
友を見つけ
母親から離れ
戯れる
成長し
愛する者を見つけ
母親のもとを
去っていく
やがて
年老いた母親のもと
愛らしい孫が
やってくる
年老いた母親は
幸せそうに孫を抱き
ユラユラと
懐かしい夢を見る
ユラユラと
幸せな夢を見る
水槽で生まれ
水槽で一生を終える
沢山の人々

私は独り
水槽の外で眺めている
水槽の中の人々は
私の側へ来ることはできない
なぜなら
安全な水がなくては生きられないから
私は
水槽の中へ入ることはできない
なぜなら
自由の空気がなくては生きられないから
ガラス一枚を隔てた
内と外の世界
互いのことは見えても
決して互いの世界には
生きられない者たち

私は独り
誰もいない水族館で
ガラスの水槽を眺めている―

posted by ひつじ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

絵画の庭〜「若い男の肖像」〜

「若い男の肖像」(ペルジーノ)
1500年頃/ウフィツィ美術館
DSCN6639 (480x640).jpg


続き
posted by ひつじ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

美術展紀行〜「ラファエロ展」〜

「ラファエロ展」
2013年3月2日〜6月2日/国立西洋美術館

またまた開催期間をとっくに過ぎてしまったラファエロ展ブログ(^_^;)
最近、開催期間中に書けないことが多い。
今年はルネサンス三大巨匠の展覧会が開催されるようですが、たぶん私が行くのはラファエロだけ。ミケランジェロもダ・ヴィンチも、さほど驚くような作品が来ないので。
日本で、ラファエロのみの展覧会が開かれるのは初めてだそう。
それだけ作品を一挙に集めるというのは難しいことなんですね。
贅沢な話、私は有難いことに本場で実物のいくつかを見ることができました。
特にフレスコ画は、日本に持ってこられないので貴重。
ヴァチカン、ボルゲーゼ、ウフィツィ、パラティーナ、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、ウィーン美術史美術館、ルーブルなどで少しづつ。
確かに一カ所で観ることはできないですね〜。
いつものように図録を買えなかったので、画像は自分の持っている本より載せました。
載せられない作品は、許してにゃん♪(←アホ(^_^;)

では、ラファエロ・フルコースをイタリア料理になぞらえてご紹介。


続き
posted by ひつじ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

A rose for Emily 〜To wait an Hour-is long-〜

To wait an Hour-is long-
If Love be just beyond-
To waite Eternity-is short-
If Love reward the end-
         
          -Emily Dickinson
          (No.781、1863)


続き
posted by ひつじ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

バレエ末席物語〜「マラーホフの贈り物ファイナル!」Bプログラム

≪マラーホフの贈り物 ファイナル!≫Bプログラム
2013年5月26日

ついにこの日が来てしまいました。「マラーホフの贈り物」ファイナル。


続き
posted by ひつじ at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

美術展紀行〜ミュシャの夢〜

ミュシャ展〜パリの夢 モラヴィアの祈り〜
2013年3月9日〜5月19日/森アーツセンターギャラリー

とうに終了してしまいましたが、実は4月に行ってきました。
森アーツセンターギャラリーは初めて。
ギロッポンなんて美術展がない限り行かないし、新国立美術館しか行ったことありません。
入り口がわかりづらかった。



続き
posted by ひつじ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

海外旅行小話

ようやくブログ上の長旅を終え帰ってきましたが、オマケで海外小話を。
三カ国周遊旅は久々のパックツアーでした。
パックツアーは便利で安心ですが、個人的にはどうも「日本の車窓から海外の景色を眺めているだけ」という気分がしてしまい、本当の意味で旅をした気がしません。
歴史的建造物を見るのも、名画を見るのも、その国ならではの景色を見るのも楽しいけれど、それ以上にその国の人とコミュニケーションすることが私にとっての旅の醍醐味です。地元の人と全く触れ合わずにただ景色だけを眺め、同じツアーの日本人とだけ会話をして日本に帰るなら、それは日本を一歩も出ていないのと同じ、海外の写真を眺めているのと変わりはないという気がします。


続き
posted by ひつじ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

西方見聞録〜三カ国周遊旅・フランス編・8日目〜


またまたアップが遅くなりましたが、ようやく最終回です。

≪パリ→ヴェルサイユ→パリ→成田≫

●パリ
ホテルで朝食を終え、スーツケースと共にロビーへ。
昨日、モンサンミッシェルへ行った人たちと一日ぶりに再会。
やはり丸一日がかりの旅で、夜10時くらいにホテルに戻ったそう。
超ハードスケジュールだな〜。
パリ自由行動をする勇気がないからモンサンミッシェルに行くと言っていたご夫婦も「行ったらとても良かった。行って良かった!」と満足そうだったので、良い選択だったのだと思います。


続き
posted by ひつじ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする