2009年06月04日

A rose for Emily〜The Spider as an Artist〜

The Spider as an Artist
Has never been employed-
Though his surpassing Merit
is freely certified

By every broom and Bridget
Throughout a Christian Land-
Neglected Son of Genius
I take thee by the Hand-

−Emily Dickinson(No.1275)



続き
posted by ひつじ at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

English verse〜The rising Sun〜

    "The rising Sun"

             John Donne

Busie old foole, unruly Sunne,
Why dost thou thus,
Through windows, and through curtaines
Call on us?

Must to thy motions lover’s seasons run?
Sawcy pedantique wretch, goe chide
Late schoole boys and sowre prentices,
Goe tell Court-huntsmen, that the king will ride,
Call countrey ants to harvest offices,
Love, all alike no season knows, nor clyme,
Nor hours, days, momeths, which are the rag of time…

Thou sunne art halfe as happy as wee,
In that the world’s contracted thus.
Thine age askes ease, and since thy duties bee
To warme the world, that’s done in warming us,
Shine here to us, and thou art every where;
This bed thy centre is, these walls thy spheare.



続き
posted by ひつじ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

English verse〜The New Year〜

The New Year
Edmund Spenser

The weary year his race now having run,
The new begins his compassed course anew:
With shew of morning mild he hath begun,
Betokening peace and plenty to ensue.

So let us, which this change of weather view,
Change eke our minds, and former lives amend;
The old year’s sins forepast let us exchew,
And fly the faults with which we did offend.

Then shall the new year’s joy forth freshly send
Into the glooming world his gladsome ray:
And all these storms which now his beauty blend
Shall turn to calms and timely clear away.

So likewise, love, cheer you your heavy spright,
And change old year’s annoy to new delight.


続き
posted by ひつじ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

A rose for Emily〜Success−is counted sweetest〜


Interior,Strangade 30.jpgSuccess−is counted sweetest
By those who ne’er succeed−
To comprehend a Nectar−
Requires sorest need−

Not one of all the Purple Host
Who took the Flag−today−
Can tell the Definition−
So – clear−of Victory−

As He−defeated-dying−
On whose forbidden ear−
The distant strains of Triumph
Burst−agonized−and Clear!
            
−Emily Dickinson



続き
posted by ひつじ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

A rose for Emily〜The Soul's Superior instants〜

The Soul's Superior instants
Occur to Her―alone―
When friend―and Earth’s occasion
Have infinite withdrawn―

Or She―Herself―ascended
To too remote a Height
For lower Recognition
Than Her Omnipotent―

This Mortal Abolition
Is seldom―but as fair
As Apparition―subject
To Autocratic Air―

Eternity’s disclosure
To favorites―a few―
Of the Colossal substance
Of Immortality
    
(Emily Dickinson)


続き
posted by ひつじ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

English verse〜“Mariana”〜

ミレイ展で観た「マリアナ」のもとになったテニスンの詩を載せてみます。が、長い。書くのがうんざりするほど(^_^;)
読むのもうんざりだと思うので、まぁ、テキトーに流し読みしてください。


“Mariana”
         Alfred Tennyson

With blackest moss the flower-pots
Were thickly crusted, one and all:
The rusted nails fell from the knots
That held the pear to the gable-wall.
The broken sheds looked sad and strange:
Unlifted was the clinking latch;
Weeded and worn the ancient thatch
Upon the lonely moated grange.
She only said, ‘ My life is deary,
He cometh not ,’she said;
She said, ‘ I am aweary, aweary,
I would that I were dead!’

Her tears fell with the dews at even;
Her tears fell ere the dews were dried;
She could look on the sweet heaven,
Either at morn or eventide.
After the flitting of the bats,
When thickest dark did trance the sky,
She drew her casement-curtain by,
And glanced athwart the glooming flats,
She only said, ‘The night is deary,
He cometh not ,’she said;
She said, ‘ I am aweary, aweary,
I would that I were dead!’


続き
posted by ひつじ at 16:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

A rose for Emily〜The Lightning is a yellow Fork〜

The Lightning is a yellow Fork
From Tables in the sky
By inadvertent fingers dropt
The awful Cutlery

Of mansions never quite disclosed
And never quite concealed
The Apparatus of the Dark
To ignorance revealed

      ―Emily Dickinson


続き
posted by ひつじ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

A rose for Emily〜I never hear the word “escape”〜

I never hear the word “escape”
Without a quicker blood,
A sudden expectation,
A flying attitude!

I never hear of prisons broad
By soldiers battered down,
But I tug childish at my bars
Only to fail again!
―Emily Dickinson(77番/1859年)

            

続き
posted by ひつじ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

A Brighter Garden


Brighter garden.jpg“A Brighter Garden”
Poem: Emily Dickinson
Illustration: Tasha Tudor

”A Brighter Garden” については、以前ブログでも取り上げました。http://blogs.dion.ne.jp/imamura_histuji/archives/3075933.html#more
これは、エミリー・ディキンソンの詩にターシャが絵を描いた絵詩集です。
そのターシャ・テューダーは、つい先日6月18日に92歳で亡くなりました。
ターシャは亡くなる前、こんな言葉を残したそうです。
“When I die, I’m going right back to the 1830s.I’m not even afraid of dying. I think it must be quite exciting.”
「私が死ぬとき、私は1830年代に戻っていくと思うわ。私は死ぬことなんて怖くないの。きっととてもワクワクするにちがいないわ」
ターシャが言及した1830年とは、まさにエミリー・ディキンソンが生まれた年。
生きた時代を異にしても、同じニューイングランドに生きた二人の女性。今回は、その二人、エミリーの詩とターシャの絵を載せることにしました。(絵は、”A Brighter Garden”より。詩は、私が勝手に選んだもの)



続き
posted by ひつじ at 18:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

A rose for Emily〜Had I not seen the Sun〜

Had I not seen the Sun
I could have borne the shade
But Light a newer Wilderness
My Wilderness has made−
    
        Emily Dickinson
            (No.1233)

続き
posted by ひつじ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

A rose for Emily〜After a hundred years〜

After a hundred years
Nobody knows the Place
Agony that enacted there
Motionless as Peace

Weeds triumphant ranged
Strangers strolled and spelled
At the lone Orthography
Of the Elder Dead

Winds of Summer Fields
Recollect the way-
Instinct picking up the Key
Dropped by memory-

      (1147)
     Emily Dickinson



続き
posted by ひつじ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

English Verse〜Whether the Weather Be Fine〜

“Whether the Weather Be Fine”

Whether the weather be fine
Or whether the weather be not,
Whether the weather be cold
Or whether the weather be hot,
We’ll weather the weather
Whatever the weather,
Whether we like it or not.
                                        Anonymous



詠み人知らずのこの詩、今回はあえて訳を書かないことにします。
この詩の面白さが、言葉のリズムにあるからです。
言葉遊びの面白さ、リズムの楽しさに、思わず何度も声に出して読んでしまいます。
是非、声にだして読んでみてください。

内容は、意味深長にとらえれば、人生にも置き換えられるかも。
それは深読みしすぎか?!(^_^;)

この詩は、前にも紹介した"The Children's Classic Poetry Collection"(SMITHMARK)という本に載っています。
posted by ひつじ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

English verse〜The sick rose〜

The sick rose
          William Blake

O rose, thou art sick:
The invisible worm
That flies in the night,
In the howling storm.

Has found out thy bed
Of crimson joy;
And his dark secret love
Does thy life destroy.



続き
posted by ひつじ at 14:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

English verse〜In Venice〜

       In Venice
           George Gordon Byron

I stood in Venice, on the Bridge of Sighs;
A palace and a prison on each hand:
I saw from out the wave her structures rise
As from the stroke of the enchanter’s wand;
A thousand years their cloudy wings expand
Around me, and a dying glory smiles
O’er the far times, when many a subject land
Look’d to the winged Lion’s marble piles,
Where Venice sate in sate, throned on her hundred isles!

In Veneice Tasso’s echoes are no more,
And silent rows the songless gondolier;
Her palaces are crumbling to the shore,
And music meets not always now the ear;
Those days are gone - but Beauty still is here.
States fall, arts fade – but Nature doth not die,
Nor yet forget how Venice once was dear,
The pleasant place of all festivity,
The revel of the earth, the masque of Italy!


     「ヴェニスにて」
        ジョージ・ゴードン・バイロン

私は、ヴェニスのため息の橋に立っていた
両岸には宮殿と刑務所が佇んでいる
ヴェニスの建物が魔法使いの杖をひとふりしたように
波から立ちのぼるのを私は見た
千年もの時を刻む、曇った翼が私のまわりに広がり
死にかけた栄光が過去に向かって微笑んでいた
多くの属国が、翼を広げたライオンの大理石柱を見つめ
ヴェニスはそこに腰をすえ、何百もの島々の上に君臨していたのだ

ヴェニスでは、タッソーのこだまは、もはやなく
歌を歌わないゴンドラの船頭が静かに舟を漕いでいた
ヴェニスの宮殿は岸のほうへ崩れ
音楽の調べも今は聞こえない
あれらの日々は過ぎ去った―しかし、美は依然としてここにある
国々は崩壊し、芸術は色褪せた―しかし、自然は死ぬことはない
ヴェニスがかつて、いかに素晴らしかったかは忘れられないのだ
すべての祝祭の最も喜ばしい場所
地上の酒宴、イタリアの仮面劇であったのだ!


続き
posted by ひつじ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

A Rose for Emily〜I felt a Cleaving in my Mind〜

I felt a Cleaving in my Mind-
As if my Brain had split-
I tried to match it-Seam by Seam-
But could not make them fit.

The thought behind,I strove to join
Unto the thought before-
But Sequence ravelled out of Sound
Like Balls-upon a Floor.
(1864年/937番)


続き
posted by ひつじ at 20:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

English Verse〜The Daffodils〜

また新しいコーナーを作ってしまいましたが、前回の続きで湖水地方に関わる話です。
湖水地方は、多くの文人・芸術家たちに愛されました。その自然に魅せられ移り住んだポターやラスキンのような人々もいますが、湖水地方で生まれ、そこで生涯を終えた文人もいます。イギリスの桂冠詩人ワーズワースがその一人。
ワーズワースの詠った詩の中に「水仙」という詩があります。
寒く厳しい冬から春に移り変わる季節。その春告げ花・水仙。ワーズワースの詠んだ詩の世界に触れたくて、水仙の咲く早春に湖水地方を訪れたのでした。

The Daffodils
William Wordsworth

I wander’d lonely as a cloud
That floats on high o’er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

Cotinuous as the stars that shine
And twinkle on the milky way,
They stretch’d in never-ending line
Along the margin of a bay:
Ten thousand saw I at a glance
Tossing their heads in sprightly dance.

The waves beside them danced, but they
Out-did the sparkling waves in glee:-
A Poet could not but be gay
In such a jocund company!
I gazed- and gazed-but little thought
What wealth the show to me had brought.

For oft, when on my couch I lie
In vacant or in pensive mood,
They flash upon that inward eye
Which is the bliss of solitude;
And then my heart with pleasure fills
And dances with the daffodils.

谷や丘の上高く漂う一片の雲のごとく
私は孤独に彷徨っていた
突然、目の前に一群が現われた
黄金の群生が
湖の畔、木々の下で
風にそよぎ踊っていた

天の川で輝きまたたく星のごとく
湖の縁に沿って
途切れることなく
ずっと続いていた
一目見ても一万本もの水仙が
こうべを揺らし陽気に踊っていた

水仙の脇で波が踊っていたが
水仙のほうがもっと喜びに煌めいていた
そんな楽しい仲間がいて
詩人は陽気にならずにいられようか!
私はじっと―見つめたが―そのときは思い至らなかった
その光景がいかに価値あるかということを

空しく物悲しい思いにとらわれて
しばしば私がソファーに横たわっていると
孤独な者の無上の喜びである内なる目に
あの光景が甦ってくるのだ
すると、私は歓喜に満たされ
水仙と一緒に心踊っているのだ


続き
posted by ひつじ at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

Rose for Emily〜エミリー・ディキンソンという詩人〜

いつまで続くかわからないけど、また新しいコーナーを始めました。タイトルは、フォークナーの短編のパクリ(^_^;)ま、「エミリーに敬意を表して」くらいの意味です。(フォークナーの短編とは何の関係もないけど)
以前、「エミリー」という絵本の紹介ブログの中で語ったアメリカの詩人エミリー・ディキンソンの詩をたまーに載せていこうと思います。

では、まず「エミリー・ディキンソンって誰?」という質問にお答えして。(←誰も質問してない)
面倒くさがりの私のこと、絵本ブログに載せた文章をそのまま引用することにします(^_^;)


続き
posted by ひつじ at 17:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする