2015年08月20日

バレエ末席物語〜第14回世界バレエ・フェスティバル【ガラ・プログラム】〜

第14回世界バレエフェスティバル【ガラ・プログラム】
2015年8月16日

【第1部】
○「ドリーブ組曲」リュドミラ・コノヴァロワ/マチアス・エイマン
エイマンが上手かった。脚技がとても綺麗でした。
コノヴァロワもしっかり踊っていたのでは。

○「三人姉妹」サラ・ラム/ワディム・ムンタギロフ
冒頭、ムンさんの帽子投げ、マント投げがめちゃくちゃカッコいい!
スラリとした体形に軍服が似合いすぎ。
ラムちゃんも頑張っていましたが、背中が若干硬い。
二人とも、テクニック的には踊れていましたが、ドラマティック・バレエはまだまだかな。

○「雨」ヤーナ・サレンコ/ダニール・シムキン
前回のフェス・ガラでも見た作品。しかも、サレンコ&シムキンペアで(^_^;)
シムキンはもちろんのこと、サレンコも、よく体が動いていました。って、前回も書いた感想。でも、二人とも、体全体を使っていて、とてもよく踊れていました。
コンテのわりには見やすい作品です。

○「椿姫」より“第1幕のパ・ド・ドゥ”マリア・アイシュバルト/アレクサンドル・リアブコ
リアブコのアルマン、非常に素晴らしかった!!!
マラインと踊ると、この場面はしっとりと、やや悲哀感が漂うのですが、リアブコ/アルマンは、マルグリットの病いや悩みを露知らず、とにかくマルグリットに夢中のアルマン。初恋のういういしささえ感じ、恋をする喜びが滲み出ていました。
アイシュバルト/マルグリットも、そんなアルマンにつられて、恋する喜びを再発見したよう。踊る相手によって、こうも舞台が変わるものかと目から鱗。
二人の新たなケミストリーを感じる、新鮮な舞台に、すっかり心奪われました。
私の中では、今回の公演の中で一番新鮮で感動した舞台でした。
ブラーヴィ!!!

【第2部】
○「ヌアージュ」ディアナ・ヴィシニョーワ/マルセロ・ゴメス
身体能力の非常に高い二人なので、苦手なキリアンでも見られました。
二人のシンクロは素晴らしかったし、ヴィシの腹筋力のすごさ、ゴメスのジュテの着地の静かさと、細かいところで、この二人はハイ・クオリティな舞台を見せてくれました。
この二人も色々な作品でケミストリーを生み出せる二人だと思う。
ヴィシ&ゴメスなら、できれば、「イン・ザ・ミドル」とか「ヘルマン・シュメルマン」とかフォーサイスのほうが良かったな。後は、ゴメスのオリジナル振付でもいいかも。ゴメス、踊りだけでなく振付の才能もあると思う。

○「カルメン組曲」ヴィエングセイ・ヴァルデス/ダニーラ・コルスンツェフ
ロシア&キューバという異色ペアというのも、バレエ・フェスならではの組み合わせ。
こういうペアで作品を見せてくれるのが、バレエ・フェスの醍醐味だと思います。
地味目のダニーラ/ホセにラテンなヴァルデス/カルメン。
ダニーラのホセは似合いすぎでしょ(*^_^*)ダニーラも軍服が似合っていました。
ソロの踊りも気合いが入ってカッコ良かったです。
ヴァルデスは、ラテンの地のままでいけてました。ただ、私がイメージしてしまうカルメンの脚とはちょっと違ったかも。

○「ル・パルク」イザベル・ゲラン/マニェル・ルグリ
引退すると、太ってしまう欧米ダンサーが多いのに、ゲランの生脚は、全然イケてました。
何度見ても、この作品、エロすぎる(^_^;)
指を口に入れ、そのあと胸の周りをなぞり、股間にもっていく振付、ヴィシのときはとっても官能的でした(^_^;)シャツの下の胸もけっこう目立つし。
心配していたキス宙ぶらりんも、ルグリが頑張って回転していました。ルグリ、腰を痛めないか心配した。無事に終わって良かった。

○「さすらう若者の歌」オスカー・シャコン/フリーデマン。フォーゲル
フォーゲルくんの動きは、とてもクラシック。オスカーとはやっぱり違う。
オスカーは、やっぱりベジャールの動きだなと思う。
それにしても、要体力の踊りで、フォーゲルくんのレオタードが汗で色が変わっていました(^_^;)お疲れさま!

【第3部】
○「ウロボロス」シルヴィア・アッツォーニ/アレクサンドル・リアブコ
初見ですが、意外に良かった。
衣裳や仮面のセンスもいいし。
最初のほうは、人形のようなカクカクした動きが面白かった。
アッツォーニが、仮面を落とすシーンはすごく自然で、いつリボンがはずれたのか不思議。
仮面がはずれ、黒い衣装も脱ぎ、肌色の衣裳になってからは、柔らかな踊りになって、その対称的な動きも面白かった。また観てもいいくらい。
Bプロでちゃんと観られなかったリアブコとアッツォーニを堪能できて良かった。

○「白鳥の湖」より“黒鳥のパ・ド・ドゥ”マリーヤ・アレクサンドロワ/ウラディスラフ・ラントラートフ
マーシャは迫力満点。ボリショイの豪華さを体現しています。もうそのオーラだけで満腹!(^^)!オディールの目線も良いし、堂々とした踊りも見事。
ただ、サポート・ピルエットのとき、勢いがあるせいか、どうしても軸が傾くので、サポートするラントラートフが必死なのが見え見え。懸命にマーシャを回していました。
もう少し、バランスが取れたピルエットだとサポートも優雅にできるかも。
ラントラートフは、そつなく優雅にソロをこなしていました。
マーシャのグラン・フェッテ、両手を大きく上へ挙げるフェッテを3回ほど繰り返していて、ダイナミックなフェッテでした。移動もほぼ直線移動。
個人的には、華やかで豪華なボリショイ・スタイルが大好き(*^_^*)

○「ハムレット」アンナ・ラウデール/エドウィン・レヴァツォフ
この作品は、2007年フェリの引退公演で、リアブコ&アッツォーニで見ました。
オフィーリアが可愛がっていたお人形を後ろにブン投げるのが、印象的でした(^_^;)
レヴァツォフは、左側のシャツをベロンと出していて、これはわざとですよね。本や傘をすぐ落っことすドジな役を演じているので、そのドジっぷりをシャツベロンでも表しているんですよね、きっと。花冠もなんだか可愛くて似合っていました。
レヴァツォフ、垢抜けない、でも人の良い田舎者の青年を好演していました。
ラウデールも表情豊かで、旅立つハムレットとの別れを淋しがるオフィーリアを好演。
この二人、Bプロよりこの演目のほうがずっと良かったです。
ラストは、リアブコ&アッツォーニは額にキスをして別れましたが、レヴァツォフとラウデールは、口チューでした。ハムレットが残した手紙を愛おしそうに頬ずりする様が切ない。

○「シェラザード」上野 水香/イーゴリ・ゼレンスキー
Bプロを観劇に来た水香ちゃん、本日はダンサーとして登場。
水香ちゃんのゾベイダ、非常に良かったです。なにしろ、あの脚の動きの美しさ、背中の柔らかさ、トウのしなり、そして、要所要所で客席に投げかける魅惑的な視線、全てが良かった。グランド・スコンドも綺麗すぎる。
堂々として余裕があり、世界に誇れる日本のダンサーだと思いました。
ゼレンスキーの奴隷も、胸板厚くとても似合っていました。踊りもしなやかで、Bプロよりずっと踊ってくれて良かったです。
この二人のシェラザードは大穴だったかも。

○「ヴォヤージュ」ウラジーミル・マラーホフ
何度観ただろう、この作品(^_^;)
マラーホフのマラーホフによるマラーホフのための作品。
お腹が気になって、ついそっちを見てしまいましたが、まぁ、大丈夫。
手や足先の表現はお手の物、目の表情にも惹きつけられる。
ついにマラーホフのカラヴァッジョは観られず終いだったな〜。
次は、「アヴェ・マイヤ」ならぬ「アヴェ・マラーホフ」的な作品を誰か作ってくれないかな。

【第4部】
○「ジゼル」アリーナ・コジョカル/ヨハン・コボー
コジョカル、素晴らしかった。初めて、コジョカルの「ジゼル」を観たのは、ルグリと組んだ2006年第11回世界バレエ・フェス全幕特別プロででした。
あれから、9年。コジョカルの可憐さは変わらず。でも、踊りはこなれてきました。
アラベスクの回転も滑らかで、軽やかな踊り。コボーもなにげに上手い。
二人のパートナーリンクは当然言うことなしですね。
コジョカルのジゼルを観ていたら、「ジゼルはまだ恋を知ったばかりの少女だったんだな」と思い、そんな若さで死んでしまったジゼルに思わず涙が滲みました。
清らかなジゼルをありがとう。

○「タンゴ」ウリヤーナ・ロパートキナ
ピアソラのタンゴということで、もしかしたら、ロパ様はショートカットの地毛で登場かなと思っていたら、予想通り、ショートカットで登場。でも、あれほど男装するとは思わなかったので、ビックリ。友人が、「ジャケットを肩にあの立ち姿は、フーテンの寅さんかと思った」と言っていた(^_^;)
黒いズボンでも、細く美しい脚はバレバレ。踊りはキレがあって、回転もキレキレで、めちゃめちゃカッコ良かった!!ポーズもバッチリ決まって宝塚のようでした。
クラッシック・バレエだけではないカッコいいロパ様を観られて眼福!(^^)!
またまた惚れました!

○「椿姫」より“第3幕のパ・ド・ドゥ”オレリー・デュポン/エルヴェ・モロー
去年のパリ・オペ公演では、シアラヴォラを選んだので、オレリーの「椿姫」は初見。
ロホの椿姫も迫力があったけれど、オレリーの椿姫は自然な感じ。去年の公演で、オレリーを選ばなかったのは、オレリーが美しすぎると思ったから。椿姫には「枯れ感」が欲しかったので。でも、年齢的には踊るに良い時期ですね。
モローの細く長い脚に黒タイツがお似合い。脚の動きがとても綺麗で見惚れた。
二人のパ・ド・ドゥは息が合っていて流れるよう。とても自然で素晴らしかったです。

○「ドン・キホーテ」ヤーナ・サレンコ/スティーブン・マックレー
「ドンキ」というと、赤黒の衣裳が多いですが、サレンコ&マックレー・ペアは、光物のついた真っ白の衣裳で登場。結婚式らしく、とても美しかった。特に、サレンコの薄布の長袖がついているのが上品。
サレンコは、派手さはないけれど、きっちり踊れるダンサーなので、今回もトリにふさわしく、エレガントに堂々とした踊りを見せてくれました。
ヴァリエーションでは、扇子を使ったり、パ・ド・シュヴァルもやってくれました。ニーナの影響で、この場面では、パ・ド・シュヴァルが好みなのです。
Aプロに行った友人によると、Aプロでは、角度変えフェッテを披露したとのことだったので、期待したのですが、今回は角度変えではなく、最初に4回転をもってきました。思わず「おぉ〜」と声が出てしまった。その後はダブルを織り交ぜたほぼ直線移動のグラン・フェッテ。しっかり魅せてくれました。
マックレーは、ここぞとばかり張り切っていました。スペインの闘牛士さながらの決めポーズで、「どうだ、オレ様の踊りを観ろ」アピール、ガンガンでした。トリだから、これくらいの押し出しの強さは気分を盛り上げてくれます。
ヴァリエーションのグランド・ピルエットでは、オケの音も速くして高速回転。トゥール・ド・レンでのマネージュ、キトリのグラン・フェッテの後もまた高速回転。着地も全て綺麗に決まって、気持ち良かったです。
二人の渾身の踊りにブラーヴィ!!

そして、いよいよお楽しみのファニー・ガラ開幕です。

【第5部】
○「カルメン」
口髭をつけた男装エスカミーリョは、ヴァルデスですね。
お色気カルメンの次は、エスカミーリョでした(^_^;)

○「瀕死の白鳥」
後ろ向きで、腕をクネらせて、パ・ド・ブレで登場のごつい背中の白鳥。顔が見えないので誰だろうと想像しながら見ていたら、前を向くことなく上手へはけ(^_^;)
今度は、上手からちょこっと正面向きで出たらしいのですが、一瞬だったので顔を見逃しました。再び後ろ向きのパ・ド・ブレで下手へ。
え、誰〜?!と思いきや、顔が見えたら、なんとダニーラ!
思わず、「ダニーラ」と小声が出てしまいました。
あのダニーラが、こんなことをするなんて(爆)
非常にウケました。
しかも、上手から出ていたロープをひっぱるとハープを弾くオブシャニコフまで(爆)
指揮者がファニー・ガラに出るなんて!しかも、天使の羽と輪っか付き(^_^;)
ごついダニーラ白鳥が、船曳きの漁師のごとく、ハープとオブシャニコフを引っ張っていくと、なんとオブシャニコフは吹き矢のようなものを取り出す。
ラストは、ダニーラ白鳥、オブシャニコフに射殺されて死亡(^_^;)
ウケた!
ダニーラ、けっこう上半身ごついんですね〜。でも、クネクネ腕もポアントでパ・ド・ブレも上手かった!ロパ様に指導受けたのかな(^_^;)
ダニーラ、ファニー・ガラ参戦ありがとう!

○「お嬢さんとならず者」
可愛い髪をしたワンピのラントラートフ登場(^_^;)ラントラートフもポアントできるんですね〜。キモいけど、可愛いかった。
帽子を被った小柄な男性役は、マーシャ。身軽によく踊れていました。
男装マーシャが女装ラントラートフのスカートをめくったり、笑えました。

○「こうもり」
白い頭巾とヒラヒラのドレスを着たキモいベラは、マラーホフ(^_^;)
なんだか赤頭巾ちゃんに出てくる、おばあさんに成りすましたオオカミみたい(^_^;)
ポアントワークはお手の物。
女中役は、私服のヴィシ。ヴィシは、電話の代わりに、超デカイスマホを持ってきます。
マラーホフが、スマホを受け取り、旦那の写真を開くと、男マラーホフの写真が(^_^;)
旦那との電話に落ち込むところに、登場したウルリックは、お腹に詰め物をたっぷりしたアイシュバルト(^_^;)
アイシュバルトも、あまりそういうキャラっぽくないのに、毎回、ファニー・ガラに参戦してくれて嬉しい。
アイシュバルト/ウルリックに衝立の影に押し込まれるマラーホフ。
アイシュバルトが踊ろうとすると、もう一人のウルリックが登場。コノヴァロワでした(^_^;)コノヴァロワ、シェネをクルクル回って観客をひきつけ。
着替えの終わったマラーホフが、黒いビスチェ衣装で登場。宝塚のスターみたいに羽根もついています。さすがオカマラーホフ!ビスチェとポアントがお似合いです。
二人のウルリックを両腕に、いざパーティへ。
ところが、マントにつまづいて、マラーホフだけ、すっころんで暗転(^_^;)

○「四羽の白鳥」×2
キモ白鳥てんこ盛り(^_^;)
皆さん、揃いもそろってチュチュが似合わない(^_^;)
そこが超ウケる。オペラグラスで誰かを追って観ていきましたが、一応全員わかりました。
シムキン、レヴァツォフ、シャコン、モロー、マックレー、フォーゲル、エイマン、リアブコの順番だったかな。
いや〜、男性ダンサーほぼ出演、ありがとう!
シムキンは、やっぱり一人だけアニメキャラ。今回は、チュチュ付きピカチュウでした。アニメキャラ似合いすぎ。

○「眠れる森の美女」
ごついオーロラは、ファニー柄代表ゴメス!
バラのついたピンク・チュチュがキモすぎる。
ゴメスはポアントワークがとても上手いし、それだけじゃなく、オーロラらしいポーズが非常に上手い。ニキヤのときもそうだったけれど、この人、役柄表現が非常に上手くて、いつも感心する。それをデフォルメするから、とっても可笑しい。
お笑いの素質もあるんですね(^_^;)
小さな王子二人は、サレンコとアッツォーニ。
ゴメス/オーロラ、ミニ王子をマネージュで追いかけまわしたり、客席まで下りてきて、観客と写メを撮ったり、面白すぎる。
最後は、お誕生日ということで、ケーキを差し出され、キャンドルを吹き消す。ビスチェ・オカマラーホフにもう一つケーキを差し出され、ゴメスが顔を近づけると、マラーホフに顔をケーキに押しつけられ暗転(爆)
私が笑っていたら、隣の人に「あのダンサー誰だかわかります?」と質問され、「ゴメスです」と言ったら、オペラグラスを覗いていから「あぁ」と納得していました。
オカマルセロ・姉御メスなしには、ファニー・ガラは終われない。
これからも、是非是非、お祭り男として、ファニー柄を盛り上げてほしい!

今回は、前回より短かったのがちょっと残念。もっと観たい!
でも、忙しい中、ダンサーたちが、可笑しな作品を考えてくれて本当に楽しかった!
練習風景を見たいくらい!学芸会みたいなのかな〜。
ポアントワークが上手い男性が増えてきて、嬉しい限りだし、回を追うごとに参加するダンサーが増えるのも嬉しいところ。
観客も楽しんだけれど、なによりダンサーたちが楽しんで練習してくれたらいいと思う。
世界で活躍するダンサーたちが集まって、こんなコメディバレエを創作するなんて機会は、バレエ・フェスしかないのだから。

いよいよフィナーレ。
今回は、ファニー・ガラの衣裳で出てきたのは、サレンコ、アッツォーニ、ゴメス、アイシュバルトあたりで、毎度のことながらマラーホフは、早着替えで「ヴォヤージュ」衣装に着替え「ファニー・ガラになんて出ていないよ」という顔で登場(^_^;)
ヴァルデスはカルメン衣装、ダニーラも普通のシャツ&ズボンで、ファニー・ガラに出ていないかのよう(^_^;)バレバレですよ(^_^;)
オペラグラスで覗いていたら、舞台の片隅で、ラントラートフがマーシャに口チュー(*^_^*)
ラントラートフは、スマホでマーシャの写真も撮っていました。仲が良くて微笑ましい。
手ぬぐい投げでは、オレリーとシムキンがやたらしゃべっていて、なんだか意外な感じ。
何語で会話していたんだろう。英語?オレリーがシムキンに「あそこめがけて投げるから見ていて!」的なジェスチャーをして、手ぬぐいを思いっきり遠くにブン投げていました。あの椿姫衣装で(^_^;)
「See you again」の看板が出てきてからは、マラーホフが嬉しそうに手を振っていました。ゼレンスキーの娘さんが二人出てきて、手ぬぐい投げをしていました。可愛い!それから、最後に、コジョカルが残っていた手ぬぐいを投げていました。コジョカルも可愛い。
フィナーレの舞台では、ダンサーの素の様子が見られて楽しい。録画して一人一人の様子を見たいくらい。
私は、恒例の末席なので、手ぬぐいは届かず、座席番号も14番ではなかったのですが、
なんとS席だった友人が手ぬぐいを取ってくれ、私にくれました!
すごい!初手ぬぐい!
DSCN7964 (480x640).jpg
この末席も友人がキャンセル・チケットを取ってくれたおかげで観ることができ、本当に友人には頭があがりません。

今年は、マチネで上演してくれたので、長丁場でも帰りが遅くならずに助かりました。
ありがとう、NBSさん。
そして、素晴らしい舞台を見せてくれたダンサーの皆さんに心から感謝です!
Thank you and see you again!

posted by ひつじ at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳しい感想有難うございます!
特に、ファニーガラはキャスト表が配られなかったこともあり、観た友人もここまで記憶してはいなかったのでひつじさんの感想で知れて嬉しいです。オカマラーホフにアネゴメス、爆笑。いつか私もガラを観たいなぁ〜〜
手拭い本当に良かったですね!!これはやはりご人徳でしょう。
Posted by 節子 at 2015年08月21日 08:57
節子さん、コメント頂いていたのに、返事が非常に遅くなり、大変失礼いたしました!!!
コメントを頂けるなんて思っていなかったので、アップしたきり、実はずーっとブログを開いていなかったのです(汗)
こんな時期になって、久々にブログチェックしたら、なんと8月にコメを頂いていたのに気づき・・・真っ青!
今、11月・・・。
本当に失礼いたしました。

滅多に更新しなくなったブログをまだ読みに来て下さる方がいるなんて、有難いです。
フェス以降、バレエを観ていないことと、9月以降、私的なことで忙しく、ブログを開けませんでした。
辞めたわけではないのですが、今後も更新は少ないと思います。
今月は、久々のバレエを観に行きます。来月も!ブログにアップする時間があるかはわかりませんが。

節子さんのコメのお蔭で、フェス・ガラ・ブログを読み返し、あのときの感動が蘇りました。
書いておかないと、やっぱり忘れるものですね〜。
3年後は、節子さんもフェス・ガラが観られますように!!
私は、どうかな〜。
Posted by ひつじ at 2015年11月13日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424486848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック