2014年07月20日

暑中見舞い&英語ジョーク2014

今年もやってまいりました、「夏の暑さを英語ジョークで吹き飛ばそう!」のコーナー。
英語ジョークの本は、そんなに沢山出ていないのですが、なんだかよく見つけてしまう私。
言葉は生もの。使うことで生きてくる。だから、「TOEIC○○○点 必須英単語」とか堅苦しい本ばかり開いて勉強するより、楽しんで覚えるほうがいいと思う。ある人は、官能小説を読んで英語を身につけたという人もいました。アプローチは何であれ、楽しみながら身につけるというのが一番だと思います。そうして覚えたものは忘れないからです。
今回は『デイビッド・セインの中学英語で楽しむ世界の日本人ジョーク』(デイビッド・セイン、(株)KADOKAWA)から引用しました。
日本人の国民性や文化を笑いのネタにしたものは、案外当たっているものも多い。
日本人をバカにしてと腹を立てずに、笑い飛ばせるようになったら、あなたも国際人。
中学英語で読めるという気楽さがいいです。
まずは英語で読んでみてください。

I was in Paris near the Eiffel Tower and a Japanese man walked up to me with his camera and said ”Please take this.”
He handed me his camera, and then he sat on a bench and smiled.
I thanked him, got in a taxi and took off, thinking,”Japanese are so nice!”

パリでエッフェル塔の近くにいたら、カメラを持った日本人男性が近づいてきて「Please take this」と言った。
彼は私にカメラを渡すと、ベンチに座って微笑んだ。
私は彼に礼を言って、タクシーに乗って立ち去った。
「日本人ってなんていい人なんだろう!」と思いながら。

日本人は「これで写真を撮って」という意味だったのでしょうが、“Please take this”をフランス人は「これを受け取って」と解釈したというオチ。
写真を撮ってほしいときは、”Could you take a picture of me?”と言いましょう。

A: Why did the Japanese fail in the banana business?
B: I don’t know.
A: Every time the inspectors saw a bent one, they threw it away.

A: どうして日本人はバナナ事業に失敗したと思う?
B: わからない。
A: 検査官が曲がったバナナを見るたびに捨ててしまったからさ。

A: What do you think heaven is like?
B: Heaven is an American salary, a British home, Chinese food and a Japanese wife.
A: Well, what do you think hell is like?
B: Hell is a Chinese salary, a Japanese home, British food and an American wife.

A: 天国ってどんなだと思う?
B: 天国といえば、アメリカ人の給料をもらって、イギリスの住宅に住んで、中国の料理を食べて、日本人の女性と結婚することだね。
A: じゃあ、地獄ってどんな感じ?
B: 地獄といえば、中国人の給料をもらって、日本の住宅に住んで、イギリスの料理を食べて、アメリカ人の女性と結婚することだよ。

A Japanese manager went to lunch with his 2 subordinates.
On the way back to the office, they found an old lamp.
They rubbed the lamp and suddenly a genie came out.
He said he would give each of the man wish.

The first man said, “ I want to be in Hawaii on the beach with a beautiful woman.”
The genie waved his hands and the man was gone.

The second man said, “ I want to be rich and live in a huge house in New York.”
The genie again waved his hands and the man was gone.

Then the manager said,” I want those two guys back in the office to start work in five minutes.”

ある日本人会社員が、2人の部下と昼食を食べに行った。
会社へ戻る途中、3人は古いランプを見つけた。
ランプをこすると、突然ランプの精が現れた。
ランプの精は、一人につき一つずつ願いを叶えてやると言った。

部下の一人は、「きれいな女の人とハワイのビーチに行きたい」と言った。
ランプの精が手を振ると、部下は姿を消した。

もう一人の部下は、「金持ちになってニューヨークの豪邸に住みたい」と言った。
ランプの精が同じように手を振ると、部下は姿を消した。

そして上司はこう言った。
「二人をここに戻してくれ。あと5分で仕事再開だ」

If you came home from work early and caught your wife in bed with another man, what would you do?
If you were American, you’d shoot the man.
If you were German, you’d take legal action.
If you were French, you’d take off your own clothes.
If you were Japanese, you’d introduce yourself and give the man your business card.

会社からいつもより早く帰宅すると、妻が他の男とベッドにいるところを見つけた。
そんなとき、夫はどんな行動をとるだろう?
アメリカ人なら、男を銃で撃つだろう。
ドイツ人なら、法的措置をとるだろう。
フランス人なら、自分も服を脱ぐだろう。
日本人なら、自己紹介して男に名刺を渡すだろう。

暑い夏に、”It’s cool!”なジョークはいかがでしたか?
まだ笑い足りない方は、上記の本をお読みください。


posted by ひつじ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402168253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック