2014年02月22日

ソチ2014フィギュア・スケート

フィギュア・スケート・ヲタをカミング・アウトしたので、今回の五輪フィギュアについてもブログに書くことに。
これほど期待と不安いっぱいの五輪フィギュア・スケートも初めて。
喜びに沸き、ショックでへこみ、感動で涙した試合でした。
終わってみれば、男子も女子もとても良かった、よく頑張ったとエールを送りたい。
男子、羽生選手のショートはこれ以上ないくらいパーフェクト(素人目には)だったし、フリーでは、4回転サルコーは惜しかったけれど、最後まで勢いが落ちず、ドラマティックなロミオを演じてくれました。
羽生選手は、並外れた才能があるだけでなく、とても冷静に自分の滑りをチェックしていて、金メダルへのプログラム構成も考え抜かれていました。そして、努力も惜しまない。
一日60本4回転ジャンプを練習するなんて、あの細い体からは想像できないほど。本当に頑張り屋なんだなと思います。しかも、単なる4回転では満足しない。より難易度の高い4回転に挑戦し続けるというのも立派。あの若さでしっかりした人だなと思う。そして、観客にもリンクにも、常に感謝の心を忘れない謙虚な心構えも立派。

高橋選手は、靭帯損傷の大怪我を乗り越えてから、さらに大きく飛躍した。メダルや順位に関係なく、またジャンプの出来の良し悪しではなく、彼の描く世界はいつも彼にしかできないもの。他の誰にも描けない大輔ワールドに魅了されます。
彼の「道」は特別印象深い。
今回で引退とのことですが、いつかどこかで本調子の彼の滑りを見たいものだと思います。

女子、鈴木選手は、ショートも彼女のスケート人生が出ていて良かったし、フリーの「オペラ座の怪人」も白い衣装が愛らしく、クリスティーヌを演じきっていました。
個人的に一番好きなのは、「Oオー」。小鳥が舞うような演技も素敵だったし、青と緑の鮮やかな衣裳も素敵でした。あれは忘れられない。

浅田選手は、ショートのランクの低さにびっくり。確かにトリプルアクセルを失敗したしコンビネーションが入らなかったという減点要素はあるけれど。
でも、メダルへのプレッシャーから解き放たれることが、きっと彼女にも応援するファンにも必要だったのかもしれないと思った。「真央ちゃんに金を」というプレッシャーを与え過ぎていたと思う。メダルより何より「納得がいく良い演技」で締めくくれるのが最高なのだから。そして、その最高の演技をフリーで見せてくれた。長いこと、期待と重圧、ジャンプの不調で苦しんだ浅田選手を見ているだけに、本当にフリーの演技には泣けた。
本人は苦しんだかもしれないけれど、不調のときでも浅田選手はとても美しかった。
むしろ天真爛漫に滑って成功していた子供の頃は、表現力もまだ乏しかったし、「この先どうなるのかな」という感じで見ていたけれど、様々な経験を積んで、色々な意味で本当に美しく成長したと思う。個人的には、タラソワが指導した「仮面舞踏会」での彼女は、ゾクゾクするほど綺麗だと思った。
今回は、大好きなラフマニノフの曲で、青と黒の大人っぽい衣装で、情感豊かに表現していました。とかくジャンプに得点の比重が置かれるけれど、浅田選手のスピンの位置の正確さ、ステップの迫力、表現力の美しさをもっと評価してほしい。それらの要素全てが流れるように美しくまとまって、一つの完成された作品になるのだから。
でも、何より、本人が納得のいく演技で、笑顔で終れたのが一番良かったこと。
本人の感情が演技に入り込み、それが観客にも伝わる。これ以上の演技はないでしょう。

今はフィギュア・スケート・ファンも沢山いるので、書くのはここら辺でやめにしておきます。
余談ですが、オリンピック開幕式では、バレエは「戦争と平和」で、ナターシャ役をザハロワがやっていました。相変わらず美しい。ザハロワの相手は、コルスンツェフ!!なのに、アナウンサーは、コルスンツンツェフの名前を言わず(-.-)
軍服で跳びまくっていたのはワシーリエフ。
ヴィシニョーワは、電気クラゲのような衣装を着て、ひたすら回転していました。
ヴィシニョーワの無駄遣い(-.-)

ということで、来週は今年のバレエ初め、ABT公演でヴィシニョーワを見てきます。
(結局、最後はバレエ・ネタ(^_^;)

posted by ひつじ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390984676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック