2013年03月31日

バレエ末席物語〜小林十市・ダンスアクト〜

「小林 十市 ダンスアクト〜Hamlet Parade〜」
2013年3月29日

行ってきました、十市さんのラスト(?)公演。
1月の「中国の不思議な役人」のときもらったチラシでこの公演を知り、日本を発つ前のラスト舞台を観に行くことに。

会場は歌舞伎町の一角のビルの地下。
夜の歌舞伎町なんてこの歳でもあまり行きたくないけれど、十市さんのためなら仕方ありません。友人が付き合ってくれたので、なんとか会場に辿りつけました。
会場には、東京バレエ団や井脇幸江さんからの花が飾られていました。
あと、友人が会場で梅澤さんを発見。東バの人も沢山来ていたのでしょう。

チケット代はドリンク付きで5500円。
会場でドリンクをもらいましたが、ワンドリンク500円と表示されていました。高っ!
ボリすぎでしょ。ドリンクは持参するので500円負けてほしかった(^_^;)
ま、お餞別代わりということで。
チケットは発売初日に買ったのに結構後ろのほうでした。でも、ほぼ真ん中の席で、会場も狭いので、かなり近くで十市さんを観られました。


Hamlet Paradeが何たるかも知りませんでしたが、一応見に行く前にネットで検索。
ざっくり言えば、ハムレットの独白を続けていくことだそう。
それに踊りを加えたのが十市さんのダンスアクト。
映像も使われ、映像には変装した十市百面相が写し出されていました(^_^;)
クローディアスは、髭をつけて王冠を被った姿。
ガートルードは、なぜが三つ編みパツ金のカツラ。
オフィーリアは、おかっぱ頭のカツラ。
ボローニアスが一番ウケる。付け鼻にハゲカツラ。カトちゃんペみたい(^_^;)

十市さん、よく跳びよく回っていました。一人舞台を1時間以上続けるのはかなり体力いるでしょう。しかも二日連続。
十市さんの足の甲のしなりが一番好き。美し〜い。
振付はやはりベジャール色満載。
片手を水平に伸ばして片足を上げていくポーズが「ギリシャの踊り」を彷彿。
手の動きやポーズにも。
着物を羽織ったオフィーリアの踊りも挿入。
着物を羽織るところも「ブレルとバルバラ」を連想。
やっぱり十市さんは女形が似合う〜(*^_^*)
もっとカマ系やってほしかった。
う〜ん、やっぱり私は中性的な人が好きなのかも。
男でもなし女でもなし。男でもあり女でもあり。
行き着くところはやっぱりヘルマフロディトスか・・・。

たとえコンテでもクラシックの基礎が十分見えます。
何度かのシェネ、キレがありました。
片足を水平にしてジャンプしながら回転、そしてシェネの繰り返しも見ごたえあり。
ラストのほうで、ちょっとコケそうになった?のは演出?
ま、クラシックじゃないので影響はさほどありませんが。
あと、台詞も2回ほど噛んだ?(^_^;)
ラストは切腹して死ぬ十市/ハムレット。デンマーク王子なのにハラキリ?(^_^;)
ベジャールの「ザ・カブキ」を連想してしまいました。

音楽は、ベートヴェンの交響曲第7番+α。
「不滅のアルグレット」も入っていました。
音楽に踊りが合っていて、なかなか上手い振り付けだと思いました。
汗が飛び散るほど回って跳んで・・・。永遠の青年・十市さんももう44才。パリ・オペなら引退時期の年齢で、これだけ踊るのは相当キツイと思います。
よく頑張って踊りきったと思います。
全力を出し切った舞台に感動。スタオベしたいところだったけれど、後ろの人に迷惑がかかるので「Bravo!」だけにしました。

これで、生の十市さんを観る機会ももうそうそうないのだと思うと淋しい。
当日まではそんなに感じていなかったけれど、あと数日で十市さんはフランスへ行ってしまうと思ったら、急に淋しさが・・・(T_T)
もしかしたらまた日本で舞台に立つ機会もあるかもしれませんが、同じように踊ることはもうないでしょう。どんなに素晴らしいダンサーでも、いずれは体力の限界が来るものです。今日より若くなることはないのですから。
しばらくは十市ロス・シンドロームになりそうですが、会場で買った「ブログ・ジャンプ」写真集を眺めて慰めにします。

DSCN6491 (640x480).jpg←「ブログ・ジャンプ」写真集。
駅構内や横断歩道など人ごみの中でセルフタイマーでジャンプ撮りなんて「変な人」すぎる。
写真にも「何やってるんだ?」みたいな顔で振り返っている人も写っていました。
アホすぎる〜(^_^;)
さすが十市さん、アホさ加減も「別格」。タダモノじゃないわ、この人。「器」が違うねっ。(←褒めているんですよ)
ひつじイチオシは、東バの前で箒にまたがったジャンプ。「魔女の宅急便」のキキみたい(^_^;)

次は、きっとファミリー・ジャンプになるのでしょうね。
A Bientot!

posted by ひつじ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック