2012年09月28日

言葉の箱

タイトルは、辻 邦生さんの本のパクリ。(←いつもパクリばっか(^_^;)
昔参加した、とある講座で、「自分のお気に入りの本を三冊持ってきなさい」と言われ、持っていったのが、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』、エミリー・ディキンスンの詩集、そして、辻 邦生さんの『言葉の箱』。これが、私の三種の神器。
『言葉の箱』に書かれている辻さんの文にいたく共感し、共感した文章に赤ボールペンで線を引いていったら、真っ赤になってしまいました(^_^;)以来、私のバイブルともいえる一冊。

今回は本についてではなく、私にとっての「言葉」について。
私のなかで、言葉は二種類の言葉がある。
「閉じられた言葉」と「開かれた言葉」。
これを読んで「なんだ、それ?」と思われるかもしれない。
わかりやすく言えば、「読み手の理解を必要としない言葉」と「読み手の理解を必要とする言葉」ということ。
もともとブログを始めたきっかけは、友人から薦められたことと美術展やバレエの忘備録にしようと思ったから。そこまでなら、ただの日記でいいわけで、ブログに公開する理由はない。もう一つの理由が、自分なりの「開かれた言葉」がどう受け止められるかを見てみたいというものだった。
にもかかわらず、沢山の人が読みに来る人気ブログを書く気は毛頭なかった。(←書く気があっても無理だけど(^_^;)
いかにして人の興味をそそるか、いかにしてアクセス数を増やすか、「ブログを始めるにあたって」のような本などには、そういうことが書いてある。
そういうことは、私にとって意味をなさない。
「開かれた言葉」といいながら、かなり突き放したものいいの文だという自覚はある。
それは、万人受けするものを書こうという気がないから。
もし、一人でも二人でも、私の書いたものからなにがしかを感じて「また読んでみようか」と思ってくれたら、それが私のブログを書く意味なのだと思う。
沢山の人が読みに来るブログではなく、ごく少数の興味を持った人が継続的に読みにきてくれるブログ。それが、私の書きたいブログなのだと思う。
今回、長くブログを休業し、今もなかなかアップする時間がない。
にもかかわらず、継続的に読みに来てくださる読者がまだいるということは有難いし、嬉しい。
100人のアクセスより1人の継続的読者。そのほうが私にとってはずっと価値がある。

言葉は誰一人として同じ文章は書けない。
似たような文はあっても、全く同じ文章を書くことはできない。
一人ひとり皆違う。
その中で、私の言葉に興味を持ってくれる人がいたら嬉しい。
ミヒャエル・エンデは言った。
「ヨーロッパの文学は全て、アルファベット26文字の組み合わせでできている」
私にとって、目から鱗の言葉だった。
確かに、アルファベットは26文字で、欧米の人々はその組み合わせで文章を作っている。
たった26文字の組み合わせで、どれほどの作品が生まれただろう。
シェイクスピアもゲーテもダンテも、基本26文字を使って物語を創造した。
そのどれ一つとして全く同じ文はない。
これからも同じ作品は出てこないだろう。
それは、アルファベット26文字に無限の可能性が秘められているということを意味する。
日本語に置き換えれば、日本の文学は全て、仮名50音の組み合わせてできているということだ。
万葉集も今昔物語も、『吾輩は猫である』も、それこそ『1Q84』もだ。
驚くべき可能性だと思う。
この限られた文字の中から、どんな世界を創造していくか。
自分の言葉の箱の中から、どんな文を生み出していくのか。
それは書き手に委ねられている。
だからこそ、言葉に対して無責任になりたくないと思う。

 昔受けた編入試験の小論文の課題が「あなたにとって言葉とはなんですか」というものだった。
そのときは、なんと抽象的な問題だろうと思ったけれど、後々、私にとってその問いが、単なる編入試験の問いではなく、自分の人生に課せられた問いなのではないかと思うようになった。
自分にとって言葉とはなにか。
一生をかけてその答えを探していきたい。





posted by ひつじ at 01:22| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひつじさん、はじめまして。
五年ほど前に、偶然にも「ひつじの歩み」というブログを作ろうかと思い、インターネットで検索したところ、このブログ様に出会いました。(自分のブログは結局作りませんでした。)

読んでいくうちに、ひつじさんの感性やお人柄などにどんどんひかれ、今では私も「継続的読者」のひとりです。

今回のミヒャル・エンデの言葉にも感動しました。「言葉に対して無責任になりたくない」というお気持ちも本当に同感です。

私にとっては、このブログも素敵な言葉の宝箱です。これからもひつじさんの言葉を楽しみにしています。お体にお気をつけて、頑張ってください(^^)

Posted by たえ at 2012年10月06日 07:48
私がひつじさんのブログと知り合ったのは確か、オネーギンの検索でたどり着いたのがきっかけでした。
知的な文章にピピピと感じるものがあり、それから数年、ずっと読み続けています。
時には涙し、時には勇気づけられ教えられ、いろいろなエピソードや美しい写真に心が洗われ、ひつじさんの日記の一頁一頁が、私にとってのバイブルでもあるのです。最近になってコメントを時々入れさせて頂いていますが、こうしてネット上で繋がっているという現代的な奇跡は、私にとってこの上ない幸せなのです。
Posted by クレーヴのなんとか at 2012年10月09日 00:59
たえさま、はじめまして。
コメントを読んで、今まで知らなかった方が、そんなに長い間読んでくださっていたことに驚き感激しました。
以前は、来訪者の”足あと”を見られるシステムだったのですが、今はそのシステムがなくなってしまい、どういう方が読みに来てくださっているのかわからないのですが、継続して読んでくださっていたことに感謝です。

たえさんから頂いたコメントも、宝のような言葉が詰まっていて、マジメに感動しています。

たえさんも、お気になさらず「ひつじの歩み」ブログを作られたらいいのに・・・なんて思います。
始めた頃は、深く考えず「ひつじ日記」という単純なブログ名だったのですが、ほかの方のコメントで「ほかにも『ひつじ日記』というのを見つけましたが、そちらもひつじさんが書いているのですか」という質問を受けたので
(ほかには書いていません)、ブログ名を変えたのです。

では、ここでブログ名にこめた意味をこっそり(?)お伝えします。
羊がのんびり歩くように、のんびりペースで書いていくブログという牧歌的な意味ももちろんですが、もう一つ、広辞苑によると「ひつじの歩み」とは「屠所に近づく羊の歩みの意。死の次第に近づくこと」と書かれています。
芸術で言うところの「ヴァニタス」や「メメントモリ」みたいな意味も裏に込めました。
暗くてすみません(^_^;)

ブログを諦めようかとも思いましたが、たえさんの言葉を励みに、できる限り続けてみます。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ひつじ at 2012年10月09日 21:54
クレーヴの奥方様(で、よろしいですか?)、コメントありがとうございます。
コメントを頂いたのは、去年からでしたっけ?
コメントを頂くずっと前から読んで下さっていて、それを知ったときはとても嬉しく有難かったです。
オネーギンのときからだったのですね〜(^^)

クレーヴの奥方様からの身に余る言葉の数々、そんなに言っていただけると有難いやら恥ずかしいやら・・・いえ、すでに泣きそうです。

言葉以外何も実像がないネット上の自分。
でも、たぶん、表面的な人間関係では語らない、より内面的な言葉を書いているので、そこに共感、共有してくださった方とは、より深いお付き合いをさせていただいているように感じます。

頂いた言葉は宝、何にも勝る宝、誰にも盗めない宝石です。ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。



Posted by ひつじ at 2012年10月09日 22:30
ひつじさん はじめまして
実は私も3年半ほどになる継続読者です
いままで、コメントしようとしながら勇気が出ずで
今回 ↑上の皆さまに勇気を得て初めてコメントさせていただきます(笑

確かエミリー・ディキンソンをググッてひつじさんのブログに出逢ったと思います。
それから、デキンソンの本を買い何度も読み、今ではバイブルになってます^^
絵画やバレエへの造詣はもちろん、何気なく綴られた記事にも共感するものがあります

私も拙い地味なブログを綴っていますが、今回のひつじさんの記事にとても勇気つけられました^^
またお邪魔させてくださいね^^
いえ、「これからもお邪魔させてください」でした(笑
Posted by エル at 2012年10月15日 17:58
エルさま、はじめまして。
エルさんも、3年半も読んでくださっていたのですね。
感激です。

ちょうど、今日、久々にエミリー・ディキンソンの詩を
アップしました。(訳がいい加減(^_^;)
ディキンソンはアメリカでは知られた詩人ですが、日本でディキンソン好きというのもわりとヲタクの範疇かもしれませんね(^_^;)
彼女の言葉の感性に脱帽です。
たまたま今『エミリー・ディキンソンは死んだ』という小説を読んでいて、また彼女の詩をアップしたくなりました。

エルさまも、素敵な言葉をブログに綴られていますね。
日々感じたことを綴っていくことは自分の軌跡ですね。

これからも是非ご訪問くださいね(^^)
よろしくお願いします。
Posted by ひつじ at 2012年10月16日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック