2014年06月29日

A rose for Emily 〜The Brain-is wider than the Sky〜

The Brain-is wider than the Sky-
For-put them side by side-
The one the other will contain
With ease- and You- beside-

The Brain is deeper than the sea-
For-hold them-Blue to Blue-
The one the other will absorb-
As Sponges-Buckets-do

The Brain is just the weight of God-
For-Heft them-Pound to Pound-
And they will differ-if they do-
As Syllable from Sound-

-Emily Dickinson No.632 (1862)

「最後になったが、本書のタイトルは僕の大好きな詩から想を得た。
19Cのアメリカの素晴らしい詩人エミリー・ディキンソンが脳について考えた詩だ。

頭の中は空より広い
なぜなら、二つを並べてごらん
頭に空が入るだろう
いともたやすく、あなたまでも

頭の中は海より深い
なぜなら、二つを重ねてごらん
頭が海を吸い込むだろう
スポンジがバケツの水を吸い込むように

頭はちょうど神と同じ大きさ
なぜなら、二つを量ってごらん
二つに違いがあったとしても
音節と音の違いほど」

―”Embracing the Wide Sky: A Tour Across the Horizons of the Mind”
Written by Daniel Tammet.
続き
posted by ひつじ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

開かれた言葉と閉じられた言葉

自分の過去ログ「言葉の箱」を読み返して思った。
最近、自分の文章の質が低下している。
他にやらなければならならないこと、考えることがあり、なかなかブログの文章を練ることができない。
以前よりブログへの熱が失われているのも事実だ。
「言葉の箱」の中で書いたように、私の中で言葉は二種類ある。
その一つである「開かれた言葉」をブログに書いてきた。
自分なりの「開かれた言葉」が、他の人にどう受け止められるのか見てみたいと思って
ブログを始めた。
だが、それを書くあまり、もう一つの「閉じられた言葉」を書かなくなってしまった。
ブログ以外で今やっている作業も「開かれた言葉」が求められる。
読み手を必要とするものは、常に「開かれた言葉」が求められる。
それでいいのだろうか?

原点に戻ろう。
そもそも言葉とはなんだろう。
人と意思疎通をはかる手段である。
相手に伝わらない言葉では意味をなさない。
それが私の考える「開かれた言葉」。
だが、もう一つ、言葉には、読み手を必要としない言葉がある。
自分の内なる言葉。
それが「閉じられた言葉」。

エミリー・ディキンソンは、「閉じられた言葉」を独り紡ぎ続けた。
あたかも、屋根裏部屋で蜘蛛が人知れず糸を紡ぐように。
人の理解を求めなかった彼女の言葉を、今、人は理解しようと試みる。
彼女の「閉じられた言葉」の中に、自らの「閉じられた言葉」を重ねる人もいる。
それゆえ、彼女の言葉は色褪せない。

ネット社会の中で、幾多の言葉が飛び交う現代。
どこを見ても文字が溢れている。
人々から吐き出された言葉たちが迷走し、生き残ろうと必死に足掻いている。
生まれてはすぐに消えていく泡沫の言葉たち。

「開かれた言葉」と「閉じられた言葉」。
その狭間で、私の言葉は揺れている。



posted by ひつじ at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

La vie en rose

今年は、急に気温が上がったせいか、虫が出る前にバラの蕾が膨らみ、虫の被害にあう前に
沢山花が咲きました。

○フランシス・デュブリュイ
毎年一番早く咲くバラ。我が家のクリムゾン・レディです。Francis Dubreuil.jpg

○エヴリン
一番の古株、そして一番大輪のバラ。Evelyn.jpg

○レディ・エマ・ハミルトン
いつも花弁数が少なく、カイガラムシにやられやすいのですが、今年は元気に
花びらいっぱいの花を咲かせてくれました。Lady Emma Hamilton.jpg

○ソニア・リキエル
これも、なかなか咲いてくれなかったのですが、今年は極大輪の花が沢山咲きました。
香りも濃厚。さすがソニア・リキエル。Sonia Rykiel.jpg

○アブラハム・ダービー
丈夫な品種です。挿し木から元気に咲きました。Abraham Darby.jpg

La vie en rose.
バラ色の人生、とは無縁の人生だけれど、まぁ、バラのある生活ではあるか(^_^;)
バラはバラは美しく咲い〜て、バラはバラは美しく散る〜♪
懐かしの「ベルばら」のテーマソング(^_^;)
バラというとそんな優雅なイメージばかりでなく、キリスト教では聖母マリアのシンボル、あるいはキリストの傷からしたたり落ちた血の変容という意味もあります。
ラテン語で、"Sub rosa"(バラの下で)というと、「秘密」を意味します。
その花の下で交わされた「秘密」をバラだけが知っている・・・
なんとも興味をそそる言葉ではないですか。
優美で妖艶なバラは、いつの時代も人の心を虜にするものなのでしょう。









posted by ひつじ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする