2014年01月17日

ひつじの好物〜テストゥン アル バローロ〜

DSCN6864 (640x480).jpg
この度登場のこのチーズ、名前は「テストゥン アル バローロ」(Testun al Barolo)。
以前、ひつじの好物の記事で、一番好きなチーズは「リコッタ・チーズ」と書きましたが、この度、これがマイ・ナンバー・ワン・チーズの栄冠を獲得。「リコッタ・チーズ」も新鮮でさっぱりテイストなので、「バローロ」とは別の意味で好きですが。
「バローロ」は、今年、海外のお客様がお土産にと下さいました。
イタリア、ピエモンテ州のバローロという人口700人ほどのコムーネの特産品。
「バローロ」と言えば、チーズよりワインのほうが有名で、イタリア最高級ワインの一銘柄。
貧乏人の私には、最高級ワインもチーズも無縁。こんな機会がなければ、出会うチャンスもありませんでした。
写真を撮るときは、すでに外側を取り除いてしまいましたが、実は表面に黒いカビみたいなものがついているので、一瞬、見た目はマズそう(^_^;)
でも、食べてみると、そのお味は「芳醇」という言葉がぴったり。
ワインのような香りがし、深みのある味わいにすっかり感動してしまいました。
下さった方に「ワインのような芳醇な味がした」と言ったら、うなづいていました。
それもそのはず、このチーズは、「テストゥン」というチーズを最低5か月間かけて熟成させ、そこにネッビオーロという葡萄から作られた「バローロ」ワインの搾りかす(酒粕)をつけて、さらに1か月熟成させたもの。
酒粕に漬けるので別名「酔っ払いのチーズ」とも言われるそうです。
なるほど納得。
ワインの王様「バローロ」からできた「テストゥン アル バローロ」は、まさにチーズの王様でもあるのでした。



posted by ひつじ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

PCとブログと私・・・

タイトルは「部屋とYシャツと私」のパクリ。(←わかるかっ(^_^;)
慌ただしいお正月を終え、気づけば1月も10日以上過ぎてしまいました。
初ブログをアップしようとして、lovelogを開いたら、なんと3月31日で、lovelogのサービス終了と書いてあるではありませんか!びっくり〜。最近はブログ・アップの頻度も減ってきたけれど、ぼちぼちと続けていくつもりなので、ブログができなくなるのは淋しい。
でも、よく読んだら、別のサービスにブログを移行できるみたいなのでホッとした。
移行するのは簡単にできるのかしらん。機械音痴の私は、システムが新しくなるのが大の苦手。
そういえば、windows xp のサービスも4月で終了とか。もう勘弁して〜。

お正月に、海外からのお客様を「お・も・て・な・し」しなくてはならず、お客様が「秋葉原に行きたい」というので、人生初、アキバに行ってまいりました。私が、最も苦手な場所かも。メイド・カフェの呼び込みをする生メイドちゃんの脇を、まるでツーリストのように電気街の地図を片手に歩き回る私。スマホ、タブレット、アンドロイド・・・。いまだガラケーの私には、何が何やらさっぱりわからず。唯一、案内できたのは、天丼屋さんだけ(^_^;)
いや〜、東京に住んでいても、違う惑星に行ったかのような気分でした。
エレクトロニック先進国の技術は海外へ進出してほしいとは思うけれど、私の畑ではないとつくづく思いました。

お客様は、実は英語もままならず、私が英語で説明してもわからないので、すぐに翻訳ソフトに頼る方でした。なので、ほとんど無言で、お互い、翻訳ソフトに入力しての会話(?)。
まるで異星人とのコンタクト(^_^;)
いくら翻訳ソフトがある時代とはいえ、やはりコミュニケーションは言葉でしたいもの。しかも、翻訳ソフトの変な翻訳には参った。
機械に頼りすぎるのはよろしくないと、アンチ機械派の私は思ってしまいました。

PCも携帯もどんどん進化していく時代。ネット依存の若者も増え、人とコミュニケーションが機会を通して行われる時代。ネットができたことで、世界は身近になり、便利になったけれど、反面、個人情報流出やサイバー・テロなど様々な問題も生じています。
機械を使うのは人間。だからこそ、使い方の選択が大事になってくるのではないかと思います。


posted by ひつじ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする