2013年12月31日

大晦日2013年

あっという間の年の瀬。
今年は出だしが遅かったけれど、大掃除も終わり、お雑煮の下ごしらえも終わり、あとはお節料理をお重に詰めるだけ。
経費節約のため(?)お正月飾りを用意しないでいたら、大家さんから千両を頂き、部屋が急にお正月らしくなりました。天使の飾りと合わなすぎるディスプレイですが(^_^;)
DSCN6845 (640x480).jpg

こんな平穏そうな中でも、世界では、内戦、自爆テロなどで今も多くの命が失われている。
台風に襲われたフィリピンでは、400万人もの人がいまだ食糧、生活物資のない避難生活を送っている。
そういう人々のことを思い、祈り、行く年を静かに過ごしたいと思う。

来る年がどんな年になるのかわからないし、先の人生に期待を持つこともしない私だけれど、与えられる日々を自分のできることを精一杯やっていくのみです。
来年は、もう少しブログ更新を増やしたいと思いつつ、お正月時期は多忙なので、新年のブログ・アップは遅くなる予定(^_^;)

一年間、拙ブログにお付き合いくださいました方々、ありがとうございました。
どうぞ穏やかな新年をお迎えください。
posted by ひつじ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

クリスマス豆絵

DSCN6835 (390x640).jpg今年も早、残すところあと一週間ほど。あっという間にクリスマスを迎えます。
今年はいつも以上に簡素なクリスマス。飾りつけも、去年買ったプレゼピオと今年京都で買った三連衝立を飾っただけ(^_^;)
今年、京都に格安フリープランで行ったのですが、泊まったホテルのすぐそばに教会があり、教会脇にサン・パウロという聖品販売所がありました。
中へ入ると、マリア像や磔刑のイエス像の置かれた棚の下に、小さな宗教画のカードがズラリ。そのミニ宗教画は私に子供の頃を思い出させ、思わず興奮してカードを選びまくりました。
子供の頃、近所の教会に通っていたことがあり、日曜学校へ行くたびに、イタリア製の小さな絵のカードをもらえるのでした。西洋絵画の本物を見たことのない子供にとって、それは初めて触れる西洋絵画でした。子供の手にちょうどいい小さな宗教画。その小さなカードが欲しくて、日曜学校に通っていたようなもの(←物欲の塊(^_^;)
ピアノの稽古に行くたびに、バイエルに貼る、好きなシールを選べるのと同じ感覚。
モノで釣るのは良くないと思うけれど、結局、私のような俗物はモノに釣られるタチなんでしょう(^_^;)嗚呼、神様、物欲を解脱した清い心をお与えください。(←修業しろ)
聖書の話を絵にしたカードは、目で見る聖書。祖母からもらったボロボロの聖書には、今でも沢山のミニカードが挟まっています。

続き
posted by ひつじ at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

美術展紀行〜ターナー展〜

ターナー展
2013年10月8日〜12月18日/東京都美術館

久々のブログ・アップです。
実は11末から体調を崩し、大分前に行ったターナー展の記事がアップできませんでした。
年末になると一年の疲れが出るのか、毎年のように体調を崩します。
今回は特に原因不明で苦しみました(^_^;)
まぁ、たぶん疲れによるものでしょう。
年々、体が弱くなるなぁ〜、と散りゆく銀杏の葉を眺めながらしみじみ。
感傷はさておき。今回も図録を買っていないので、画像はあまり載せられません。




続き
posted by ひつじ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする