2013年06月26日

絵画の庭〜「若い男の肖像」〜

「若い男の肖像」(ペルジーノ)
1500年頃/ウフィツィ美術館
DSCN6639 (480x640).jpg


続き
posted by ひつじ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

美術展紀行〜「ラファエロ展」〜

「ラファエロ展」
2013年3月2日〜6月2日/国立西洋美術館

またまた開催期間をとっくに過ぎてしまったラファエロ展ブログ(^_^;)
最近、開催期間中に書けないことが多い。
今年はルネサンス三大巨匠の展覧会が開催されるようですが、たぶん私が行くのはラファエロだけ。ミケランジェロもダ・ヴィンチも、さほど驚くような作品が来ないので。
日本で、ラファエロのみの展覧会が開かれるのは初めてだそう。
それだけ作品を一挙に集めるというのは難しいことなんですね。
贅沢な話、私は有難いことに本場で実物のいくつかを見ることができました。
特にフレスコ画は、日本に持ってこられないので貴重。
ヴァチカン、ボルゲーゼ、ウフィツィ、パラティーナ、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、ウィーン美術史美術館、ルーブルなどで少しづつ。
確かに一カ所で観ることはできないですね〜。
いつものように図録を買えなかったので、画像は自分の持っている本より載せました。
載せられない作品は、許してにゃん♪(←アホ(^_^;)

では、ラファエロ・フルコースをイタリア料理になぞらえてご紹介。


続き
posted by ひつじ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

A rose for Emily 〜To wait an Hour-is long-〜

To wait an Hour-is long-
If Love be just beyond-
To waite Eternity-is short-
If Love reward the end-
         
          -Emily Dickinson
          (No.781、1863)


続き
posted by ひつじ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする