2012年12月31日

ボクラノセカイ

タイトルは、某番組のテーマソングのパクリ(今年最後のパクリ(^_^;)
今年も色々なことがありました。個人的にも色々あったけれど、日本も色々ありました。
中国との国交正常化40周年に尖閣諸島問題で関係悪化。韓流ブームで良くなってきたはずの日韓関係も、竹島問題で悪化。ミサイル発射で北鮮との攻防戦。近隣諸国とは険悪ムードです。ユーロ圏みたいにまとまるのは無理だろうけれど、同じアジアのお隣さん同士、なんとか友好関係を保てないものかと思います。でも、お隣さん同士だからこそ、互いの利害や歴史的な恨み辛みが深いというのもあるかもしれません。

続き
posted by ひつじ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

クリスマス in 2012

色々慌ただしかった今年の後半ですが、せめてクリスマスくらいはチープながらも
「らしい」雰囲気を作ることに。
一塊498円のオージービーフでローストビーフを作り、1本21円の人参と
一袋158円のじゃが芋、リンゴ半分でポテトサラダを作り、198円のコーン缶で
コーンスープを作りました(^_^)ブリーもなんと298円、バゲットが240円で
全部でも1500円前後で二人分。安上がり(^_^)v
まぁ、お味もそんなものですが(^_^;)

貧しい食卓を少しでもマシに見せようと、長年、押入れの奥にしまい込んでいた
「ウェッジウッド」の食器をひっぱりだしました。
昔、いつか一戸建てに住んだらそれに合うようにと、一つ一つ買い集めていたものですが、
結局ボロアパート暮らしを脱することはなく、ずっと押入れの肥やしになっていました(^_^;)
せっかく出したので写真撮影(^_^)v
DSC01614 (640x427).jpg


続き
posted by ひつじ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

Il Presepio

DSCN6223 (480x640).jpg“Il Presepio”

友人がイタリアのお土産でくれたヴァン・ダイクのエッチングです。”Il Presepio”とは、キリストが生まれた馬槽のこと。そこに安らかに眠るイエスを優しく見守る聖母マリア。母と子の温かな愛情が伝わります。

続き
posted by ひつじ at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

ひつじのグルグルグルメ

今年のイベント(バレエ鑑賞(^_^;)も終わり、クリスマスカードの発送も終え、ブログに書くような話題も大してないのですが、今まで各地で食べて美味しいと思った食べ物のランキングを発表♪
ただし、私は昔から食べ物にあまり興味も執着もない人間(ひつじ)で、旅に行くときは「宿と食事はお金をかけず」がモットーなので、高級レストランなどの料理はもちろん含まれません。日本、もしくは東京であまり見かけないご当地グルメということです。


続き
posted by ひつじ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

バレエ末席物語〜「アンナ・カレーニナ」ロパートキナ&バラーノフ&エルマコフ〜

「アンナ・カレーニナ」
2012年11月23日

アンナ・カレーニナ・・・ウリヤーナ・ロパートキナ
アレクセイ・カレーニン・・・ヴィクトル・バラーノフ
アレクセイ・ヴロンスキー・・・アンドレイ・エルマコフ
ほか マリインスキー・バレエ団

色々考えすぎてアップが非常に遅くなったけれど、今年のバレエ納めは、ロパートキナの「アンナ・カレーニナ」でした。前日のヴィシニョーワとどちらにするか迷いに迷って、年齢的にヴィシニョーワはまた観られるチャンスがあるかもしれないと思い、ロパートキナを選びました。連日はさすがにキツイので。
ということで、今回のマリインスキー公演は、ロパートキナ祭り(^_^;)古典ではないドラマティック系をどう踊るのかも見てみたかったし。

続き
posted by ひつじ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

瞬き一つのあいだ

In this short Life
That only lasts an hour
How much―how little―is
Within our power

      ―Emily Dickenson
No.1287

いっときしか続かない
この束の間の人生の中で
なんと多く―なんと少ない―のでしょう
私たちのできることは

       エミリー・ディキンソン
       (1873年/1287番)

続き
posted by ひつじ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする