2011年06月28日

バレエ末席物語〜英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団2011年日本公演 〜

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団2011年日本公演
2011年5月27日

個人的に長文メールを書かなければならず、長いブログ記事がずっと書けずにアップが大分遅くなったBRB公演。記憶もかなり薄れ(^_^;)メモを頼りにざっくりと書いておきます。
前回の公演は行かなかったので、初BRBです。

○ 「ダフニスとクロエ」
クロエ(羊飼い):ナターシャ・オートレッド
ダフニス(山羊飼い):ジェイミー・ボンド
リュカイオン(都会から来た人妻):アンブラ・ヴァッロ
ドルコン(牧夫):マシュー・ローレンス
ブリュアクシス(海賊の首領):アレクサンダー・キャンベル
パンの神:トム・ロジャース
ほか BRB

全く話を知らず、勝手なイメージで神話風の物語かと想像していたら、衣装は「ウェストサイド・ストーリー」に出てきそうな60年代風でした(^_^;)フレアースカートでポニーテールの女性たちとシャツ&ズボンの男性たちが踊っていました。そんな60’sな人々なのに、パンの神に捧げ物をするところは、なんだか神話チック。
クロエやダフニスも、コール・ドと同じく60’sの衣装。羊飼いと山羊飼いには見えないかも(^_^;)
互いに愛し合うダフニスとクロエ。しかし、そこにダフニスを誘惑するリュカイオンとクロエを狙うドルコンが現れ、二人の恋路を邪魔します。お決まりのパターン(^_^;)
クロエはダフニスへの愛を貫いていましたが、ダフニスは、クロエのいない間、かなりリュカイオンの誘惑に負けていました。誘惑に弱いのは、やっぱり男(^_^;)


続き
posted by ひつじ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

プランター・ガーデン2011

今年、わが家で咲いたもの、実ったものをアップ。

まずは、毎年一番早く開花するバラ、フランシス・デュブリュイです。
昨冬は、本当に何も世話をせず、可哀相な状態だったのですが、元気に
沢山咲いてくれました。
沢山のフランシスを丼のような花瓶に生けたら、フランシス丼になりました(^_^;)
香りは、この上なくエレガントで濃厚。
この香りを嗅ぐと、王侯貴族になった気分になれます(^^)
Francis2011.jpg




フランシスの後に開花するのはエヴリン。
エヴリンは大輪で、フルーティな素晴らしい香り。
今年も沢山咲いて、ご覧の通りのエヴリン丼(^_^;)
evelyn2011.jpg





evelyn20112.jpgエヴリンの下の3輪のバラは、向かって左がアブラハム・ダービー、右がシンベリン、
手前がシャリファ・アスマです。バラに興味ない人には、どれも同じようなものですね(^_^;)
ダービーもシンベリンももう数輪咲いてくれたし、ソニア・リキエルも大輪の花を咲かせてくれました。
それから、鉢が小さくて苦しそうなレディ・エマ・ハミルトンも頑張って数輪咲いてくれました。
悲しいのは、沢山蕾をつけていたジュード・ジ・オブスキュアが、虫に蕾を全て食べられてしまったこと。ショック〜(T_T)
虫に食べられたところは全て切り取って、天然防虫剤をかけたら、2番花の蕾がまた出てきました。今度は、麗しいお顔を見られるといいな。

続き
posted by ひつじ at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

原発小話〜ストロンチウム〜

今日、福島第一原発の地下水から、放射性物質のストロンチウム89とストロンチウム90が検出されたというニュースがあったので、それについてほんの少し情報を。

【ストロンチウム89】
昨今話題のヨウ素131と同じように、放射性物質の放出がされてからの一ヶ月(中期)に被爆の対象となる放射性物質だそうです。
(中期は、地表に付着したものからの外部被爆と汚染された水や食べ物を摂取することによる内部被爆が問題となります。)
ストロンチウム89の物理的半減期は51日。

【ストロンチウム90】
放射性物質が放出されてから数年から数十年にわたる期間(後期)に被爆の対象となる放射性物質。
(後期は、汚染された食べ物の摂取による内部被爆が問題となります。)
ストロンチウム90の物理的半減期は29年。
生物学的半減期は、49〜50年で、主に骨、または全身に蓄積され、放射線障害が起こるそうです。

半減期には、二種類あり、物理的半減期とは、放射性物質が崩壊して量が半分になるまでの時間のこと。
生物学的半減期とは、放射性物質が体内に取り込まれた場合、代謝機能によって排出され、体内の量が半分になるまでの期間のこと。
なので、一般的に言われる半減期は、物理的半減期で、生物学的半減期とは異なります。
例えば、話題のヨウ素131は「半減期は8日」と言われ「なんだ大したことない」と思ってしまいますが、それは物理的半減期のことで、生物学的半減期は138日となるのです。

posted by ひつじ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

ひつじ解析

PCのことを書いていて、ブログ・ライフも6年になるのに気づき、
それを記念して(?)自分のことを分析した記事を書いてみようかと思いました。
関係ないけど、投稿回数400回目の記事が「PC故障中」だと気づいた(^_^;)
オメデタイ!

本名:昔と今は違う。この先も変わるかも。え?(^_^;)

ハンドルネーム:ひつじ

住所:今は日本

性別:昔、イギリスで”Brain sex"(脳内性別)というクイズを他の女性2人とやったら、
私だけ脳内性別は男と出た。当たっているのかも。

年齢:実年齢より脳内年齢は老けている・・・らしい。メールだけでやり取りしていた人から、
もっと年上の人かと思ったと言われた。子供の頃から老け趣味。

趣味:ブログを読んでいる人にはバレバレ。ちなみに、ブログ読者は何故か男性のほうが多いみたい。
   なんでだろう。男性ウケする記事を書いているつもりはないのに。
   まぁ、女性ウケするとも思ってないけど。

特技:地震予知。今の時期に貴重!

続き
posted by ひつじ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PC復活!

なんとか復活。でも、完全修理には2万円以上もかかるし、
2万かけても、あと一年もつかどうかと言われ諦め(T_T)
騙し騙し使うけれど、年内に買い替えかも。
このPCを買ってからブログを始めたので、ブログと共に歩んだPCです。
PCが10年もたないというのも寿命が短いなぁと思う。
どうせ機械音痴のワタシのこと、ワードとメールとブログさえできれば
いいので、新しい機能なんていらないのに。
まぁ、愚痴っていてもしょうがないので、ハードが完全に壊れる前に
買い替えを検討します。
PC貯金始めねば〜。やっぱりトホホ〜(泣)
posted by ひつじ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

PC故障中(T_T)

只今、PC故障中で、長い記事が書けません。
ケータイより投稿しています。トホホ〜(泣)
posted by ひつじ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

お気に入り〜ボディソープ〜

Pino bath soap.jpg←このフシギな形のボトルは、イタリアのボディソープ。
震災後、イタリアの友人が「何か必要なものがあったら送る」と言ってくれたので、
ストレスの多い生活の中、何か癒しになる良い香りのものを送ってくれるよう頼みました。
そして送ってくれたのがコレ。
ボトルには"Pino Silvestre"と書いてあります。
なんとコレは、「松の香り」のボディソープ。
日本で、「松の香り」のボディソープなんてちょっとお目にかからないのでビックリ。
そう、このボトルの形は「松かさ」をイメージしていたのです。
ローマの松から「松の香り」を作ったのか、イタリア人は「松の香り」が好きなのか、
なんとも外国らしい意外性(^_^;)
そういわれてみれば、森林をイメージさせる香り。
森林浴をしているような気分でなんだか癒されます。
すっかり「松の香り」のボディソープにハマってしまいました。
難を言えば、このボトルの形は、濡れた手では非常に持ちにくい。
スルスル滑って何度も落としてしまいました。
なので、ボトルだけは詰め替えて使っています。
ちなみに、これを送ってくれた友人のニックネームは"Pino"(^_^;)ダジャレか。
これに因んで、友人を"soapino(soap+pino)"(石鹸さん)と呼んだりしています(^_^;)

個人的に、お香なら日本の香りは好きなのですが、現代の香り、例えば、洗剤や石鹸、ボディソープ、芳香剤などは、日本製の香りがどうも好みではないのです。
犬のように(?)何でも臭いを嗅ぐ習性のあるワタシ。色々、香りを嗅いでみるものの、気に入った香りに出会うことは滅多にありません。
ところが、イタリアの石鹸やシャンプーの香りは好みに合うものが多く、泊まったホテルのボディソープやスーパーで買った石鹸やシャンプーの香りなど、どれも良い香りでした。

特に気に入ったのは、フィレンツェの高級スーパー「ペーニャ」で見つけた(高くない)石鹸の香り。
soap2.jpgパッケージも可愛いし、香りも、日本にはない良い香り。「ゼニアオイの香り」だそう。う〜ん、よくわからないけど、とにかく私好みの香り。

こんなふうに、自分のお気に入りの香りに日々癒されています。
posted by ひつじ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする