2011年03月15日

無事です

実は、地震前日から、ン〜十年ぶりに神戸の友人と恩人に会いに行っていました。信じられない偶然。
阪神淡路大震災の話をしていたところでした。
まさか関東で大地震が起こっているなんて。
神戸の恩人は、「危ないから、しばらく家に泊まっていって」と言ってくれましたが、激安フリープランで、飛行機が欠航しない限り滞在は延ばせなかったので、帰ってきました。
家の中は、足の踏み場もないほど物が落ちたり壊れたりしていて、さすがボロアパートと感心(^_^;)
アパートが壊れなかっただけ幸いだし、もし、家にいたら怪我の一つもしていたかもしれないので、東京を離れていたことは幸いでした。

その後、国内外の友人たちから「足りないものがあったら送るから言って」とメールが届き、その心遣いに感謝です。
今後も余震や放射能漏洩の不安は尽きないし、万が一病院に行けなくなったら持病の薬が足りるのかという心配も尽きません。(薬が切れたら生き延びられない(^_^;)
でも、甚大な被害にあった被災地の方々のことを思って、なんとかやっていかなければならなりません。

昨日スーパーに非常食の調達に行ったら、インスタントやレトルト食品、ペットボトル飲料の棚は、ほとんど売り切れ。懐中電灯や電池、トイレットペーパーなども完売。
今まで見たことのない状況になっていました。
今更ですが非常袋の中身の参考までに↓
http://blogs.dion.ne.jp/imamura_histuji/archives/7230334.html

ペットボトル貯水とバケツ貯水が役に立ちそうです。
被災地から離れている自分ができることは限られているけれど、節電、節水など自分のできる範囲で協力していきたい。
一日も早く被災地の方々の安全と生活が守られることを心から祈ります。
海外のメディアや海外の友人たちが、「日本人は大きな災害にあっても混乱せず冷静に行動している」と感心しています。それが日本人の誇り。
力を合わせて難局を乗り切りましょう!



posted by ひつじ at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

美術展紀行〜「モネとジヴェルニーの画家たち」〜

2010年12月7日〜2011年2月17日/Bunkamuraザ・ミュージアム

これまたアップが開催期間をとうに過ぎてしまいましたが、「モネとジヴェルニーの画家たち」展に行ってきました。
チラシの睡蓮の絵と「モネ」という大文字に惹かれて行きましたが、よく見ると英語のサブタイトルに”The beginning of American Impressionism”と書いてあり、モネというよりアメリカの印象派の作品が多く展示されていました。騙された(^_^;)失礼。おかげで初見の作品が見られました。


続き
posted by ひつじ at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする