2011年02月23日

クライストチャーチ大地震

昨日、仕事から帰ってTVをつけると、ショッキングなニュースが飛び込んできました。
そう、クライストチャーチ大地震のニュースです。
一ヶ月ほど前に、昨年のクライストチャーチ地震についてブログに書いたばかりなのに。
再建途中の町に再び起こった悲劇。今回は、マグニチュード6.3と、前回の7.1より規模が小さかったにもかかわらず、震源がクライストチャーチの地下5kmという直下型だったので、被害は去年よりずっと大きい。
日本の留学生が被災したということで、今回はニュースでも大々的に取り上げられています。日本政府も援助にのりだしました。
映像で流れた大聖堂崩落のシーンは、かなりショック。昨年の地震の映像では、大聖堂はまだ無事だったのに、見るも無残な姿で崩れてしまっています。私がン十年前登ったあの塔が崩れ去るなんて。
そして何より、今回の悲劇は、人的被害が出てしまったこと。

続き
posted by ひつじ at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

うさぎの恩返し

昨夜は、東京にも、積もるほどの雪が降りました。

snowing.jpg←近所の雪景色。夜、真っ暗な中、安いデジカメで撮影したら、なんだか昔の写真みたいなモノクロームに。




続き
posted by ひつじ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

バレエ末席物語〜「チャイコフスキー」マラーホフ〜

「チャイコフスキー」
2011年1月22日

振付・演出・・・ボリス・エイフマン

チャイコフスキー・・・ウラジーミル・マラーホフ
分身/ドロッセルマイヤー・・・イブラヒム・ウェーナル
フォン・メック夫人・・・エリサ・カリッロ・カブレラ
チャイコフスキーの妻・・・ナディア・サイダコワ
王子(若者/ジョーカー)・・・マリアン・ヴァルター→ディヌ・タマズラカル
少女・・・セブネム・ギュルゼッカー
ほか ベルリン国立バレエ団

随分時間が経ってしまいましたが、遅まきながらマラーホフ主演「チャイコフスキー」の感想を。
マラーホフのポアント姿を観られる「シンデレラ」にも興味はあったのですが、予算がなく、今回のベルリン公演は「チャイコ」のみ。ガラにも行けなかったので、カニスキンやライナーも見られず(T_T)
でも、愛するペー様(ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー)を愛するホフ様が踊る公演なんて、これは見逃せません。
本当は楽日を友人と一緒に観る予定だったのですが、1stキャストは末席を取れずに、私だけ、この日になりました(T_T)


続き
posted by ひつじ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする