2010年02月28日

美術展紀行〜ボルゲーゼ美術館展〜

「ボルゲーゼ美術館展」
2010年1月16日〜4月4日/東京都美術館

去年「THE ハプスブルク展」に行ったとき、ちょうど前売りペア・チケットを見つけたので購入しておいた「ボルゲーゼ美術館展」に行ってきました。
ボルゲーゼ美術館は、ローマで行ったので、今回はどうしようかと思っていたのですが、ペア・チケットの安さにつられて(^_^;)やはり行くことにしました。何度でも観たいし。
ボルゲーゼ美術館は、周囲6kmに及ぶ広大なボルゲーゼ公園の中に位置する瀟洒な美術館。シピオーネ・ボルゲーゼのプライベート・コレクションを有する美術館には、ベルニーニの彫刻やカラヴァッジョを初めとする珠玉の絵画が結集し、その質の高さに目を見張ります。
とりわけ、美術の教科書でお馴染みの「アポロンとダフネ」の実物は感動もの。
「プルートとプロセルピーナ」の人肌の柔らかさにも感嘆。そして、カノーヴァの「パオリーナ・ボルゲーゼ」の布の見事な表現。
これら珠玉の彫刻作品が来日しないのは当然といえば当然ですね。輸送中に壊れたら大変ですから。美術館では、彫刻作品に圧倒されてしまったので、今回は、かえって絵画に集中できて良かったかも。
ボルゲーゼ公園をローマの友人と散歩していたとき、友人に「東京にもこういう場所はある?」と聞かれ、上野公園を連想して「ある」と答えたのを思い出しますが、今回は、まさに東京の「ボルゲーゼ」(ちょっと無理あるか(^_^;)、上野公園の東京都美術館で開催されています。


続き
posted by ひつじ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

美術展紀行〜マッキアイオーリ・光を描いた近代画家たち〜

「マッキアイオーリ〜光を描いた近代画家たち〜」
東京都庭園美術館/2010年1月16日〜3月14日

「マッキアイオーリ」。なんとも聞きなれない言葉の美術展ですが、イタリアの近代美術の先駆けとなったグループのことです。

イタリア美術というと、どうしてもルネサンス絵画に注目が集まりがちですが、この「マッキアイオーリ」は、あのフランスの印象派に先駆けて、戸外の光を”macchia”(斑点)で表現した画家たちなのです。
ちょっとイタリア好きな人なら、”macchia”(マッキア)という言葉に反応するかもしれません。
そう、カフェ・マッキアートやラテ・マッキアートの、あの”macchia”です。
カフェ・マッキアートはエスプレッソにミルクをたらして「染み」をつけた飲み物、ラテ・マッキアートはミルクにエスプレッソをたらして「染み」をつけた飲み物ですね。

日本では、印象派の印象が強いですが、この美術展を見ると、印象派より前の時代に、自然の光の重要性に気づき、それをキャンバスに写し出そうと試みた画家たちがいたのだと改めて驚かされます。


続き
posted by ひつじ at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

バレエ末席物語〜《マニュエル・ルグリの新しき世界》Bプロ〜

《マニュエル・ルグリの新しき世界》Bプロ〜ルグリと輝ける世界のスターたち〜
2010年2月7日

【第1部】
○ 「チャイコフスキー・パドドゥ」
ヘザー・オグデン、ギヨーム・コテ

ヘザー、ルティレなど脚は上がってしっかりしているけど、チャイ・パにしてはやや大人しめ?溌溂とした元気な踊りというよりは、ソフトな感じがしました。後半のフェッテではダブルも入れて元気がでてきましたが。
コテ、笑顔が良かったけれど、マネージュ後半で脚の上がりが低くなって、ジャンプも低くなってしまったのが見ていてキツかった。ラストまで踏ん張ってほしいところ。それ以外は悪くなかったけれど。

○ 「モペイ」
フリーデマン・フォーゲル

上半身裸で黒いパンツのフォーゲル。半裸フォーゲルに、バレエ・フェスの「アレクサンダー大王」を思い出してしまいました(^_^;)
ライトに当たった美しい筋肉に見惚れ(^^ゞ特に、その美しい背筋に惚れ惚れ。
今回は首を痛め「アザー・ダンス」を降板、「モペイ」だけ踊ることになったそうですが、床に座ったまま、お尻で舞台をぴょんぴょん飛び跳ねる振付は、かえって首に悪そう(^_^;)
舞台袖に引っ込んだり、また出てきたり、手で脇を掻いたりコミカルな動きもある、なかなか面白い振付。軽快な音楽にメリハリのある踊りで、初見のコンテでも、とても楽しかった!個人的には、かなり気に入った作品。是非、またフォーゲルでこの演目を観たい!


続き
posted by ひつじ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

絵画の庭〜梅花群禽〜


baika.jpg「梅花群禽」(昭和14年頃)
榊原紫峰/足立美術館






続き
posted by ひつじ at 15:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする