2009年09月18日

A rose for Emily〜We knew not that we were to live〜

We knew not that we were to live ―
Nor when ― we are to die ―
Our ignorance ― our cuirass is ―
We wear Mortality
As lightly as an Option Gown
Till asked to take it off ―
By his intrusion, God is known ―
It is the same with Life ―

  ―Emily Dickinson(No.1462)


続き
posted by ひつじ at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

A rose for Emily〜Not all die early, dying young〜

Not all die early, dying young―
Maturity of Fate
Is consummated equally
In Ages, or a Night―

A Hoary Boy, I’ve known to drop
Whole statured ― by the side
Of Junior of Fourscore ― ‘twas Act
Not Period ― that died.
     
          ―Emily Dickinson(No.990)


続き
posted by ひつじ at 18:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

朝に生まれ、夕べに死ぬる

今年も、酔芙蓉が咲きました。


suifuyo2009.1.jpg←酔芙蓉は、朝、白い花を咲かせ








suifuyo2009.2.jpg←昼は、ピンク色になり







suifuyo2009.3.jpg←夕方、濃いピンク色になって、しぼみます。








まさに、朝に生まれ、夕べに死ぬる花。たった一日の短い命です。
タイトルは、方丈記の一節「朝に死に、夕べに生まるる」のパクリでした(^_^;)
花色の変化は、花に含まれるアントシアニンが、太陽の光に当たることで赤く出てくるのだそうです。

今年は、少し大きい鉢に植え替えたおかげで、沢山蕾がつきました。これから、次々咲いてくれるのが楽しみ。


続き
posted by ひつじ at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする