2009年08月31日

My Favorite 絵本〜「ウェズレーの国」〜


weslandia1.jpg「ウェズレーの国」
ポール・フライシュマン・作/ケビン・ホークス・絵/千葉 茂樹・訳

子供の頃、夏休みが終わりに近づくと、宿題の山に追われていたのは、私も例外ではありませんでした(^_^;)
この絵本は、そんな夏休みの自由研究を壮大なものに仕上げてしまった少年のお話。


続き
posted by ひつじ at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ひつじの好物〜ジンジャーシロップかき氷〜


giger kakigoori.jpg今夏のマイブームは、ジンジャーシロップをかけた、かき氷。
雑誌に載っていたものですが、作ってみると、とても美味しくてすっかりハマりました。
かき氷に、自家製ジンジャーシロップをかけ、その上からコンデンスミルクをかければ出来上がり!この絶妙なコンビネーションにハマります。う〜ん、大人の味(^^)
かき氷はお腹を冷やすというけれど、ジンジャーが体を温めるので、このかき氷なら冷えに弱い人でも、大丈夫かも?!

では、ジンジャーシロップの作り方を。


続き
posted by ひつじ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

バレエ末席物語〜第12回世界バレエフェスティバル【プログラムB】〜


12world ballet fes.jpg第12回世界バレエフェスティバル【プログラムB】
2009年8月11日

忙しくてなかなか書けずにいたら、ガラもベジャール公演も終了。とっくに「お祭り」は終わっていました(^_^;)
Bプロの記憶も薄らいでしまいましたが、メモ書きを頼りに覚えている範囲で。





続き
posted by ひつじ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

絵画の庭〜「海の不思議」〜


The Wonder of the sea.jpg「海の不思議」
フランク・オーエン・ソールズベリー/アルフレッド・イースト・ギャラリー




続き
posted by ひつじ at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

道草を食う


purslane1.jpg去年から夏になると、スベリヒユを食べています。
スベリヒユは、道端や畑の隅などの日当たりの良い場所に育つ雑草。
去年、TVで東北地方(山形あたり?)では、別名ひょうなと呼ばれ、食卓に上がる食材として紹介されていました。
仲間としては、観賞花のポーチュラカの仲間。そういえば、ホント、ポーチュラカの葉に良く似ている。
スベリヒユの「ヒユ」とは「小さくて可愛らしい」という意味だとか。確かに、小さくて可愛い葉っぱです。

食べられる雑草なんて、ひつじ生活にはもってこい(^_^)v
さっそく道端のスベリヒユを取ってきて、試しにおひたしにして食べてみると、青臭さやエグみが全くなく、意外に美味しい!こんな美味しい雑草があったとは!

続き
posted by ひつじ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

手作り・カード

金欠の私は、バレエ・ダンサーへのメッセージ・カードも手作りすることにしました。
ご贔屓ダンサーにささやかな貢物をすることさえ困難になり、気持ちだけ伝えようとカードを書くようになったのですが、カードすら高くてなかなか買えません(^_^;)
気に入ったカードを探すのも、なかなか時間がかかるし。

画材屋や文具コーナーで、絵柄のないシンプルなカードと封筒をバラ売りしているので、それを買ってきて、自分でシールを貼ったり、クラフト・パンチで穴を開けたり、和紙を貼ったりと工夫次第で、様々なデザインのカードを作ることが出来ます。
しかも、値段は市販品の半分くらい。
シンプルなカードや封筒は、各\50くらい。私は、セールのとき、まとめ買いしたので、もっと安かったです。


handmadecard1.jpg←今回作ったカード。
トータルで\100〜\150くらいで出来ました。
市販で、デザインカードを買おうとすると、\250〜\380くらいするので、かなりお得(^_^)v
ここ数年は、誕生日カードやクリスマス・カードも、こうして手作りしています。




handmadecard2.jpg←女性ダンサーにティアラを模したカード。
パールやダイヤのシールは、\100屋で売っている、ネイルアート用のシールを使いました。
ビーズを接着剤で貼り付けるときもありますが、これだとシールになっているので、簡単に使えて便利。






handmadecard3.jpg←外人ダンサーには、和風カードを。
桜柄のクラフト・パンチで穴を開け、色違いのカードから取れた桜型を貼り付ければ、捨てるとこなし(^_^)v
穴の部分からは、桜のシールが見えるようにしたり、花びらシールを貼ったりしてみました。

安上がりで、しかも、世界に一つだけのオリジナル・カード、これは、まさに一石二鳥(^_^)v(←結局、コレが好き(^_^;)

posted by ひつじ at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

バレエ末席物語〜「ドン・キホーテ」コチェトコワ&シムキン〜

第12回世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ
「ドン・キホーテ」
2009年7月29日

キトリ/ドゥルシネア姫・・・マリア・コチェトコワ
バジル・・・ダニール・シムキン
ドン・キホーテ・・・野辺 誠
サンチョ・パンサ・・・高橋 竜太
ガマーシュ・・・平野 玲
メルセデス・・・奈良 春夏
エスパーダ・・・後藤 晴雄
ロレンツォ・・・横内 国弘
ほか 東京バレエ団

3年に1度のバレエの祭典、バレエ・フェスティバルがいよいよ開幕。
そのオープニングを飾ったのが、初登場の若手シムキン&コチェトコワの「ドン・キ」。
会場には、今回のフェス参加ダンサーたちのパネル写真がズラリ。
お祭り気分も、盛り上がります。
しかし、今年から新しいことを始め、いつも以上に金欠の私は、この楽しい「お祭り」も、サイフの中身と相談しつつ、厳選に厳選を重ねて選ばねばなりませんでした。
結局、買えたのは、「ドン・キ」とBプロのみ(T_T)
3年前チケットを入手できなかったガラにも心底行きたかったけれど、ガラの日に用事が入っていることと、末席\10000すら捻出できない状況で今回も断念。
ベジャ−ル公演も、ネットでDの余り席を見つけて心が揺らぎ、思わずクリックしてしまったけれど、やはりどうしても買えませんでした。
まぁ、そんな淋しいボンビー・アートライフですが、久々のバレエに興奮の一日でした。


続き
posted by ひつじ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする