2009年06月25日

A rose for Emily〜The Spider holds a Silver Ball〜

The Spider holds a Silver Ball
In unperceived Hands―
And dancing softly to Himself
His Yarn of Pearl―unwinds―

He plies from Nought to Nought―
In unsubstantial Trade―
Supplants our Tapestries with His―
In half the period―

An Hour to rear supreme
His Continents of Light―
Then dangle from the Housewife’s Broom―
His Boundaries―forgot―

―Emily Dickinson(No.605)



続き
posted by ひつじ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

ほたるひかる

先日、友人に誘われて蛍狩りに行ってきました。
実は、この年になるまで(どの年?(^_^;)、野生のホタルを見たことがありませんでした。
水清き川に棲むホタル。今まで住んだ所はどこも、ホタルが飛ぶような清流などない所(T_T)
ずっと川辺に舞うホタルを見たいと思っていました。

続き
posted by ひつじ at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

My Favorite 絵本〜”MOI J’ATTENDS…”「まってる。」 〜


j’attends1.jpg”MOI J’ATTENDS…”「まってる。」

Davide Cali/Serge Bloch
文・こやま くんどう

白い封筒のような細長い形の絵本。絵本にしては、とても個性的な形です。
この形といい、「まってる。」というタイトルといい、書店で見た瞬間、一目ぼれ(^^ゞ
さすがに衝動買いはガマンしましたが、何日か考えて、やっぱり買うことに。

続き
posted by ひつじ at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

美術展紀行〜「国立トレチャコフ美術館展〜忘れえぬロシア〜」〜

「国立トレチャコフ美術館展〜忘れえぬロシア〜」
2009年4月4日〜6月7日/Bunkamuraザ・ミュージアム

開催前から行こうと思いつつ、忙しくてなかなか行かれずにいた「忘れえぬロシア」展、招待券を入手して、先月末ようやく行ってきました。
「忘れえぬロシア」という副題からして、まさに「あの絵」をイメージしていますね。
パンフレットにも図録の表紙にも、勿論、「あの絵」が載っています。
今回は大枚をはたいて図録を購入したので、ひつじセレクションをドーンと一挙、公開(^_^)v(いつもはポストカードになっていない作品は載せられないので)
美術展もテーマごとにそれぞれの章に分かれていましたが、ここでは私が勝手に分類したテーマで載せていくことにします。

続き
posted by ひつじ at 16:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

A rose for Emily〜The Spider as an Artist〜

The Spider as an Artist
Has never been employed-
Though his surpassing Merit
is freely certified

By every broom and Bridget
Throughout a Christian Land-
Neglected Son of Genius
I take thee by the Hand-

−Emily Dickinson(No.1275)



続き
posted by ひつじ at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする