2009年04月29日

働くこと、働いてくれること

仕事で慌しく過ごした4月ももうすぐ終わり、気づけば、世の中はすでにゴールデンウィークに突入していました。
ひつじといえど、人間界に暮らすには、そこそこ働かねばなりません。
「人間の着ぐるみ」を着こんで、通勤ラッシュの電車に揺られ、仕事場に行くのです。
この春は、急遽、仕事が変わることとなり、この約一ヶ月、前職の引継ぎと新しい仕事の掛け持ちをするハメに。

続き
posted by ひつじ at 11:05| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

江戸はえ〜ど〜(江戸散策記)〜駒込、巣鴨、上野〜

ソメイヨシノの誕生については、去年のブログに書いたとおりですが、そのソメイヨシノ発祥の地・駒込へ行ってきました。

【六義園】


rikugien2009.jpg今年の花見は、六義園の枝垂桜にすることに。以前、友人と行ったときは、すでに散っていたので、一度、満開の時期に見てみたいと思っていたのです。
六義園は、五代将軍・徳川 綱吉の側用人だった柳沢 吉保が、元禄15(1702)年に築園した回遊式築山泉水庭園です。
万葉集や古今和歌集に詠まれた88の名勝を模した庭園となっていて、その名は、中国の詩の分類法(詩の六義)にならった古今和歌集序文にある、和歌の分類の六体(そえ歌、かぞえ歌、なぞらえ歌、たとえ歌、ただごと歌、いわい歌)に由来しているそうです。
と言っても、百人一首以外、和歌についてはよく「わか」らない(和歌だけに(^_^;)ので、和歌と庭園の関係をここで詳しく述べることはできません、悪しからず(^_^;)。

行った日は、ちょうど枝垂桜の見頃のため、期間限定で、ふだんは開いていない「染井門」が開いていました。「染井門」という名前からして、まさにソメイヨシノの里(^^)


続き
posted by ひつじ at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする