2009年01月31日

My Favorite 絵本〜「手ぶくろを買いに」〜


tebukurokaini1.jpg「手ぶくろを買いに」
新美 南吉・作/黒井 健・絵

早起きが苦手の私が、まだ陽も昇らぬ暗いうちに起き出し、ようやく明るくなった頃家を出ると、朝の冷たい空気に目が覚めます。
近所の畑には霜が降り、土からムクムク顔を出している霜柱を横目に見ながら、体を縮こめて駅へ向かうのです。
そんな冬の朝は、「手ぶくろを買いに」の絵本を思い出します。




続き
posted by ひつじ at 17:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

美術展紀行〜「フェルメール展」〜

「フェルメール展〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜」
2008年8月2日〜12月14日/東京都美術館

これまた随分時間が経ってしまいましたが、去年からの宿題、フェルメール展の感想を。
個人的にハンマースホイ展の印象が強すぎて、なかなかこれを書く気になれなかったのです。

続き
posted by ひつじ at 22:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

バレエ末席物語〜「眠れる森の美女」ヴィシニョーワ&マラーホフ〜

「眠れる森の美女」
2009年1月10日/東京バレエ団

オーロラ姫・・・ディアナ・ヴィシニョーワ
デジレ王子・・・ウラジーミル・マラーホフ
リラの精・・・上野 水香
カラボス・・・高岸 直樹
ほか 東京バレエ団

2006年に日本初演を観たマラーホフ版「眠り」の再演。今回は、久しぶりのヴィシニョーワだったので観にいきました。
マラーホフ版は、過去ログにも書いたとおり、緑と紫、赤やオレンジといったド派手な色彩の舞台で、衣装も奇抜。まるで、イチゴババロワの生クリーム&チョコレートソース掛け、アイスクリーム添えみたいな(←そんなデザートあるのか?(^_^;)甘ったるい世界は、胸焼けしそうで、正直、私の好みではありませんが、今回は2度目なので少しは慣れたみたい。覚悟もできていたし。


続き
posted by ひつじ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

江戸はえ〜ど〜(江戸散策記)〜神楽坂・小石川〜

今まで歩いた江戸散策記録を書こうと思いつつ時間がなく、今回にいたりました。
今回の江戸散策は、神楽坂〜小石川。


続き
posted by ひつじ at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

クラシック三昧年末年始2008−2009

恒例の「TVでクラシック三昧」の年末年始を過ごしました。
見たのは以下
【クラシック・ハイライト2008】
【ジルベスターコンサート】
【ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート】


続き
posted by ひつじ at 17:49| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

English verse〜The New Year〜

The New Year
Edmund Spenser

The weary year his race now having run,
The new begins his compassed course anew:
With shew of morning mild he hath begun,
Betokening peace and plenty to ensue.

So let us, which this change of weather view,
Change eke our minds, and former lives amend;
The old year’s sins forepast let us exchew,
And fly the faults with which we did offend.

Then shall the new year’s joy forth freshly send
Into the glooming world his gladsome ray:
And all these storms which now his beauty blend
Shall turn to calms and timely clear away.

So likewise, love, cheer you your heavy spright,
And change old year’s annoy to new delight.


続き
posted by ひつじ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする