2008年08月30日

A rose for Emily〜The Lightning is a yellow Fork〜

The Lightning is a yellow Fork
From Tables in the sky
By inadvertent fingers dropt
The awful Cutlery

Of mansions never quite disclosed
And never quite concealed
The Apparatus of the Dark
To ignorance revealed

      ―Emily Dickinson


続き
posted by ひつじ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

本日通院

タイトルは、井伏 鱒二の『本日休診』のパクリ(^_^;)(←無理ありすぎ)
今日は、通院日が重なり、二つの病院をハシゴするはめに。
通院の辛さは、その待ち時間の長さ。予約でも、予約時間に診察されることは、まずありません。もちろん、採血やら検査やらを終えてからの診察になるので、それも当然のことなのですが。1時間以上は、たっぷり待ちます。でも、私にとっては、たっぷり本を読める読書タイムなので、それも良い時間です。

ところが、今日は2時間も待たされ、ひと寝入りして目覚めてもまだ呼ばれません。
もうとうに夕方5時を過ぎています。見れば、待っている人は、私以外におばあさんとその家族の一組のみ。
待ち合い席に、おばあさんの姿を見つけた看護婦さんたちが急に騒ぎ始めました。
なんと、その患者さん担当の先生が、患者さん一人を診察し忘れて帰ってしまったのでした。
それに気づかないおばあさんは、ひたすらじっと椅子に座って呼ばれるのを待っています。
私が呼ばれ、いよいよ自分が最後になってしまったと気づいたおばあさんは、受診番号表を見つめながら、不思議そうな顔をしていました。
診察室に入ると、先生が疲れた顔で「お待たせしてしまって、すみません」と謝っていました。「お忙しいのでしょう」と言うと、「今日は、まだお昼ご飯も食べていない」とこぼしていました。
診察を終える頃、先生は「今日は、他の先生が患者さんを残して帰ってしまったから、もう一人診察する」と言っていました。おなかもペコペコで疲れているところに、まさに泣きっ面に蜂状態。先生も大変だなと思い「大変ですね。お疲れ様です」と言って診察室を出て、待っているおばあさんに「お先に」と声をかけて帰りました。
帰り際、「大変お待たせしました!」とおばあさんに呼びかける先生の空元気な声を背中に聞きながら。そして、『本日休診』の八春先生を思い出しながら。
医師不足が問題となる昨今。医療行為は、単にお給料をもらうための行為ではなく、それ以上の行為も含まれているのだと思います。
奉仕の精神が疲労の重みに押し潰されてしまう前に、国が全国の八春先生を支えてくれることを願わずにはいられませんでした。

posted by ひつじ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

My Favorite 絵本〜「まほうの夏」〜


mahouno nastu.jpg「まほうの夏」
藤原 一枝、はたこうしろう・作/はたこうしろう・絵

前回に引き続き、「少年の夏」絵本を載せてみます。
文章は、絵本のイメージに合わせた言葉で。カッコ内は私の一言。






続き
posted by ひつじ at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

美術展紀行〜「コロー 光と追憶の変奏曲」〜

「コロー 光と追憶の変奏曲」
2008年6月14日〜8月31日/国立西洋美術館

開催期間終了間近のコロー展に、猛暑の中、なんとか行ってきました。
期待していたはずのコロー展ですが、体調がイマイチの状態で観に行ったこと、予想以上に人が多かったこと、そして、欲しい作品のポストカードがほとんどなかったことで、期待していたほど気持ちは盛り上がりませんでした。


続き
posted by ひつじ at 18:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

My Favorite 絵本〜「だいちゃんとうみ」〜


dai cyan to umi.jpg「だいちゃんとうみ」
太田 大八・作/絵

お盆休みともなれば、田舎に帰省する人も多いものですが、帰省先のない私は、人よりセミの数がちょっとだけ多くなった(?)東京に寄生しています(^_^;)

Uターンラッシュもないけれど、田舎の海や山で真っ黒に日焼けするまで遊ぶこともなかった子供時代は、田舎で過ごす夏休みにちょっぴり憧れました。
そんなことで、今回は、私の憧れを絵本にした本を載せてみることに。


続き
posted by ひつじ at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

スイカの恵み


cocomero.jpgオリンピックも始まり、暑い夏がさらに熱い夏になりました。
そんな暑さを冷たいスイカジュースでクールダウンしてみることに。
巨大な実割れスイカ1/2が、なんと\398だったので、さっそく買ってきましたが、あまり大きくて、切っても冷蔵庫に入りきらないので、スイカジュースを作ることに。
材料は、種を取ったスイカと氷だけ。ジューサーで一気に出来上がり。
よく冷えたスイカジュースの甘いこと!たてつづけに3杯も飲んでしまいました。
夏の暑さがくれた冷たい恵みに感謝。

もったいないので、スイカの白い部分を細く切って、浅漬けにしてみました。スイカの浅漬けは、けっこう硬いので噛み応えあり。噛むのに顎をよく使うので、脳にも良いかも(^^)
浅漬けにシークワサーの汁をかけると、さらに爽やかで美味しくなります。
実も白い部分も残さず頂きました(^^)♪

posted by ひつじ at 22:43| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする