2008年07月30日

バレエ末席物語〜「海賊」アナニアシヴィリ&ゴメス〜

「海賊」
2008年7月19日/アメリカン・バレエ・シアター

コンラッド・・・マルセロ・ゴメス
ビルバント・・・サッシャ・ラデッキー
アリ・・・ホセ・マヌエル・カレーニョ
ランケデム・・・ゲナンジー・サヴェリエフ
メドーラ・・・ニーナ・アナニアシヴィリ
ギュリナーラ・・・ミスティ・コープランド
セイード・パシャ・・・ヴィクター・バービー
ほか ABT

ABT「海賊」は、2002年に観て以来6年ぶり。
前回は、ビデオとほぼ同じ豪華キャストでしたが、今回も豪華なキャストに期待も高まります。
ところが、コレーラの急な降板。ABT公演のコレーラのアリなんて、この先いつ観られるかわからないのに・・・(T_T)
かなりがっくりきましたが、代役がカレーニョときいて、ホッ。


続き
posted by ひつじ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

通院日和


yorisoinagara.jpg前々回の通院の際も、病院で具合が悪くなり、ベッドで休ませてもらいましたが、今回もまた病院で調子が悪くなりました。病院で具合が悪くなるなんて、なんてグッドタイミンぐ〜!看護婦さんも親切にしてくれるし、ベッドで休めるし、極楽極楽。
病院以外ではそうもいかないので、病院だと安心です(^_^)v

実は、今年の春に入院の話も出て、ブログを1ケ月ほどお休みするかもしれなかったのですが、通院でやっていくことに。(どうせもともと不定期ブログだから大して変わらないけど(^_^;)
病状が安定しない場合は、医療器具を体に取り付けるかという話もでたのですが、それも断固拒否(^_^;)
まぁ、新薬に切り替えて以来、数値的には良くなってきているので、今のところはこのままの治療でいくことに。
見た目は元気そのものですが、実際は病気が私の一番身近なお友達。これからも仲良くやっていくことにします。
ちなみに、今日も採血の看護婦さんに血管を褒められました。採血のしやすい太い血管は、いつも看護婦さん喜ばせ。血管だけは優等生です(^_^)v

posted by ひつじ at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

食べごろ♪


momotarou.jpgベランダで生ったトマトが熟しました(^^)
今年の苗は「ももたろう」という種類です。

今日は、毎年恒例の隅田川の花火大会の日です。
花火大会は、江戸時代、この隅田川で始まりました。
そんな江戸の風物詩、隅田川の花火大会は毎年の楽しみ。
でも、この暑さの中、人混みに出かけるのはツライので、涼しい自宅でビールと枝豆をつまみまがら、TVの花火を眺めるのが我が家流(^_^;)
花火が似合う男・高橋 秀樹の司会も、毎年の楽しみ(^^)
地元の花火大会も同じ日なので、外からも花火の音がきこえ、ステレオで花火大会を楽しめます。

では、採れたての「ももたろう」を食べながら、花火大会を見ることにしましょう。




yuugirisou.jpgこの花は、ユウギリソウ。去年植えて、今年も咲いてくれました。
紫の繊細な花が涼やか。どことなく線香花火に似ています。





posted by ひつじ at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

咲いた咲いたカサブランカの花が♪


Casablanca.jpg球根を植えて、3ヶ月半かかって、ようやくカサブランカの花が咲きました。
植えた時期がちょっと遅かったので、芽がでるか心配だったのですが、スクスク育って1mくらいまで伸びてくれました。
蕾は4つついて、今は3輪が咲いています。直径20cmほどの豪華な白い花からは、高貴な甘い香りが漂ってきます。
一株だけですが、立派に咲いてくれた花を楽しんでいます(^^)







Evelyn2008.2.jpgエヴリンの2番花も沢山咲いてくれました。1番花より顔も可愛くなり、香りも濃くなりました♪




posted by ひつじ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

バレエ末席物語〜「眠れる森の美女」マルケス&コボー〜

「眠れる森の美女」
2008年7月14日/英国ロイヤル・バレエ団

オーロラ姫・・・ロベルタ・マルケス
フロリムント王子・・・ヨハン・コボー
リラの精・・・ローレン・カスバートソン
ほか 英国ロイヤル・バレエ団

主役のアリーナ・コジョカルが首の怪我のため、降板。チケット払い戻しをしたくとも、客演公演による主役降板ではなく、あくまで英国ロイヤルの引越し公演ということで、チケット払い戻しも叶わず、諦めて観にいきました。
代役のマルケスは、自身の公演日をカスバートソンにあて、コジョカルの穴をうめることに。コジョカル公演を期待していた私たちもがっかりだけど、マルケス公演を観ようとチケットを買ったお客さんも割りを食うはめになったというわけで、ロイヤルも苦肉の策という感じ。



続き
posted by ひつじ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

夏の香をきく

田舎というほど田舎でもないけれど、都会でも決してないこの片田舎に住んでいると、自然を感じることもよくあります。

先月は、向かいのアパートの屋根に巣を作っていたムクドリのヒナが巣立ちをしました。巣からすぐ近くの電線にとまって、まだ不安そうなヒナたち。大丈夫。やがて大きくなって、来年にはまた向かいのアパートの屋根に戻ってくるでしょう。今度は、親鳥となって。


続き
posted by ひつじ at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

美術展紀行〜「ミレー、コロー、クールベとバルビゾン派から印象派へ」〜

村内美術館

以前載せたドービニーの「ボニエール近郊の村」http://blogs.dion.ne.jp/imamura_histuji/archives/4488250.html#moreをもう一度見たいと思っていたところ、たまたま人から招待券を頂いたので、村内美術館に行ってきました。駅から無料のシャトルバスも出ていて、貧乏人(羊)には有難い。
常設展ですが、中身はなかなか濃いもの。一度見てもまた訪れたくなります。


続き
posted by ひつじ at 22:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする