2008年04月22日

桜吟醸


桜酒.jpg4月初めに、桜酒の創り話を書きましたが、つい先日、桜の花から採取した酵母で造ったお酒というのを見つけました。へぇ〜、本当にあったんだ〜、とビックリ。さすがに、花びらだけで造ったわけではありませんが、花から酵母が採取できるなんて、知りませんでした。

飲んでみると、味は普通の日本酒。でも、桜の下で、このお酒に花びらでも浮かべて飲んだら、なかなか乙な雰囲気が味わえそうです。
まぁ、季節はもう里桜も咲き終わる頃になってしまいましたが(^_^;)

posted by ひつじ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

美術展紀行〜「ルーブル美術館展―フランス宮廷の美―」〜

「ルーブル美術館展―フランス宮廷の美―」
2008年1月24日〜4月6日/東京都美術館

明日までとなった「ルーブル美術館展」。今回は、絵画ではなく装飾品・調度品がメインなので、あまり興味はなかったのですが、一応「ルーブル美術館展」が開催されれば行っているので、今回も行ってきました。 
まぁ、さらりと(^_^;)


続き
posted by ひつじ at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

江戸花見


染井吉野.jpgどこぞのお笑い芸人のような響きのタイトルですが(^_^;)、日本の春につきものの花といえば桜。
3月ともなると、気象予報の中で開花予想が発表され、「桜前線」などという言葉まであるほど、日本人の桜熱は熱いものがあります。
現代の日本で、桜といってまず思い浮かぶのは、ソメイヨシノ。淡紅の花が枝いっぱいに咲きそろう様は、可憐さと豪華さが入り混じったよう。
そんな花が生まれたのは、実は自然発生的なものではなく、人工交配によるものでした。



続き
posted by ひつじ at 16:46| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする