2007年10月30日

A Rose for Emily〜A little overflowing word〜

A little overflowing word
That any, hearing, had inferred
For Ardor or for Tears,
Though Generations pass away,
Traditions ripen and decay,
As eloquent appears―

              (1467番)




続き
posted by ひつじ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

English Verse〜Whether the Weather Be Fine〜

“Whether the Weather Be Fine”

Whether the weather be fine
Or whether the weather be not,
Whether the weather be cold
Or whether the weather be hot,
We’ll weather the weather
Whatever the weather,
Whether we like it or not.
                                        Anonymous



詠み人知らずのこの詩、今回はあえて訳を書かないことにします。
この詩の面白さが、言葉のリズムにあるからです。
言葉遊びの面白さ、リズムの楽しさに、思わず何度も声に出して読んでしまいます。
是非、声にだして読んでみてください。

内容は、意味深長にとらえれば、人生にも置き換えられるかも。
それは深読みしすぎか?!(^_^;)

この詩は、前にも紹介した"The Children's Classic Poetry Collection"(SMITHMARK)という本に載っています。
posted by ひつじ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

だったんそばだったんだ


だったんそば.jpg回文にも何もなっていない(^_^;)
室内で育てられるので、だったん蕎麦のスプラウトを育ててみました。
←でも、「暴れ柳」みたいにすごいことに(^_^;)






だったんそば2.jpg小さな秋の収穫ということで、家人が作った古信楽の器に、トマトと一緒に盛ってみました。
和風のドレッシングで頂きましたが、クセもなくさっぱりしたお味。
これで、何日かは貧しい食卓の足しになりそうです(^_^;)
posted by ひつじ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

ラ・フランスのコンフィチュール


画像 045.jpgラ・フランスのコンフィチュールを作ってみました。
ラ・フランスで作りたかったというより、うちで咲いたバラの花びらで色づけたコンフィチュールを作りたかったので。
フランシス・デュブリュイのローズペタルで煮込むと、けっこう色がつきました(^^)

【材料】
○ラ・フランンス(ちょっと固めの安い物で十分)・・・1個
○ドライの無農薬ローズペタル・・・3gくらい
○ドライのローズバッド(香りつけ用)・・・2〜3個
○グラニュー糖・・・15g
○レモン汁・・・適当

【作り方】
1. ローズペタルと水250cc(くらい)を電子レンジで2〜3分温める。(色がつくか見たかったので)
2. 1cmくらいに細かく刻んだラ・フランスをナベに入れ、1を入れて煮込む。
3. グラニュー糖とレモン汁を加え、最後に香りづけのローズバッドを入れる。
4. 煮汁が煮詰まってきたら、適当なところで火を止める。

自己流のすごいテキトーな作り方です。試しに作ったので、量はとても少ないし。
パンにつけたり、ヨーグルトに混ぜて食べるのがいいかも。
ローズバッドは、ローズティー用のダマスクローズのつぼみを使いました。




Fransice.jpg←我が家で咲いたフランシス・デュブリュイ♪

posted by ひつじ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

ひつじの好物〜ロザリオ・ビアンコ2007〜


ロザリオビアンコ.jpg今年もやってまいりました、ロザリオ・ビアンコの季節が。(←毎年しつこい(^_^;)
今年のロザリオも美味しそう(^^)
よく洗って、皮ごといただきましょう。
posted by ひつじ at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

English verse〜The sick rose〜

The sick rose
          William Blake

O rose, thou art sick:
The invisible worm
That flies in the night,
In the howling storm.

Has found out thy bed
Of crimson joy;
And his dark secret love
Does thy life destroy.



続き
posted by ひつじ at 14:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 英詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする